ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

その他アクションフィギュア(フィギュっと!やハイコンプロ等) の記事一覧

一番くじ MONSTER HUNTER 4 B賞 ネコ式火竜車フィギュア

2013.03.17 (Sun)
mh1.jpg

みなさんこんばんわ。

更新さぼり気味ですみません。

さて今回は現在セブンイレブンで展開中の一番くじの景品です。

一番くじは基本ライダーのくらいしかやったことなかったのですが、今回引いてみたら当たりました。

ただの景品とおもってすこし侮ってましたが、意外と完成度の高い景品でした。

このネコ戦車は今度3DSで出るモンハン4の新要素らしいですね。

私は3DS持ってないので買うか迷ってますがw

では続きからどうぞ〜
続きを読む »

HCMPRO デストロイガンダム

2012.02.19 (Sun)
20120219154408.jpg
はい、本日はまた懐かしいものを紹介いたします。
べっ、別にダイナ買えなかったとかじゃないんだからねっ!!

と、冗談はさておき、本日紹介するのは、HCMPROシリーズより、デストロイガンダムです。

極小サイズでハイクオリティを目指したシリーズでしたが、こいつだけはとんでもない巨大サイズでした。
買ったのは多分何年も前だったと思います。

可動はクリック関節なのでヘタる心配はありません。しかし、MS形態だとバランスを取るのが困難で、専用スタンドが付属しています。
では行ってみますか。
20120219154407.jpg
正面。デカすぎてピンぼけしてしまった・・・・orz

ですが胸のビーム砲などはばっちり塗装されています。

20120219153212.jpg
後ろ。バックパックがデカイので大迫力ですね。
20120219153211.jpg
専用スタンドはここに付けます。

20120219153210.jpg
そしてなんとこの機体、スプリングギミックが搭載されており、ボタンを押すことで腕が発射されます。

劇中でもジオングみたいにやってましたしね。これはすごい再現でした。

20120219153208.jpg
ちゃんと細かい所も塗装されてます。
20120219150617.jpg
サイズ比較。HGバクゥと比較してもこの大きさ。
一応このHCMPROの基本スケールは極小サイズです。
もう圧巻です。

今ならロボ魂でも出せそうな気がしますが、今更な気がしますね・・・。

20120219150616.jpg

20120219150615.jpg
一応付属手首は平手が付属します。頭部アンテナも軟質と硬質の選択式です。
平手があればビーム発射アクションも楽しめます。

では変形させてみますか。

20120219150614.jpg
まず頭を引っ込めます
20120219150613.jpg
下半身を反転させ、腕を横に。
20120219150015.jpg
バックパックを被せたら・・・
20120219150014.jpg
MA形態の完成です。
背中の大型ビーム砲で街ぶっ壊してましたね。
この形態の方が安定して立たせられます。
20120219150013.jpg
カメラアイも実はメタリック塗装とクリアパーツだったりします。
20120219150012.jpg

20120219145609.jpg

バックパックも塗装がよく出来ています。そういえば横の赤いとこからもビーム出してましたね。
20120219150010.jpg
20120219145611.jpg
背中の大型ビーム砲もクリック関節で角度調整できます。
20120219145610.jpg
後ろ。ブースターの内部まで塗装されています。
20120219145608.jpg
すごい迫力だ・・・・。


20120219153209.jpg
以上、デストロイガンダムでした。

実にでかい品だったので、記事にしようか迷いましたが、なんとなくやってみたかったのでこれにしましたw

デストロイ自体はステラが乗ってた時はすごかったんだけど、それ以外のキャラが乗ってる時はすぐ撃破されてましたね。

ぶっちゃけデストロイがアクションフィギュアとして立体化されてるのはこのHCMPROだけだったりします。

他のブランドでも立体化されてますが、Gコレとか食玩のシリーズくらいですし。

このデストロイの評価としては、大きさも去ることながら、スプリングアクションや差し替え無しの変形、広い可動範囲などを有しているので、巨大MSが好きな人にはおすすめですね。

欠点としては、腕のシールドがポロ落ちしやすいといったところでしょうか。

撮影忘れてましたが、腕用のスタンドも付属しています。
ではまた~


コメント返信
>ハルさん
リボQBの進化はすごいですよね。
海洋堂は良い意味でぶっ飛んでますw

ウッディはアクセス数が増える限りどんどん進化させてあげたいですw

『恐怖は我が喜びとなり憎しみは糧となる!我こそは嵐の騎士トールギス!』 SD フレクション 嵐の騎士トールギス

2012.02.14 (Tue)
20120214042811.jpg
世間はバレンタインで賑わってますねw
私は職探しに明け暮れていますがw

さて今日は懐かしいものをレビューします。SDガンダムフォースで展開されていたSDフレクションシリーズより、
嵐の騎士トールギスです。
リアルタイムで見ていた自分としては好きなSDガンダム作品の一つなのですが、ガンダムフォース自体人気がいまいちだったんですよね・・・。

でもトールギスはザコソルジャーからT様としてネタにされていたり、強敵として活躍しました。自分はフェンがフェザードラゴンになってゼロがパワーアップする回が個人的に好きな話の一つだったりしますw

さて、このシリーズは、日本ではあまり展開が追いつかず、騎馬王丸以降のシリーズは海外で発売されるという謎展開でした。せめてデスサイズまでは日本で発売して欲しかった・・・・。

当時はガンプラの展開もあったのですが、同時進行だった武者列伝シリーズの変態クオリティと世代ホイホイっぷりに押されてしまい、ガンダムフォースのプラモデルはウケがよろしくなかったんですよね。実際、可動範囲の広いBB戦士シリーズで発売されたのもキャプテン(ヘビーウェポンとハイパー)、爆熱丸、爆心丸とザッパーザクくらいでしたし。

ではそろそろメインにいきますか。

20120214042810.jpg
正面。全体的にプロポーションは良好です。8年前の代物とは思えないです。
20120214042809.jpg
後ろ。マントは軟質素材で、合体ギミックのためか外しやすくなっています。
20120214042410.jpg
ダークネス・ドーバーソード。トールギスのメイン武器であるドーバーガンがモチーフですね。
外伝漫画ではこの剣で雷の魔法を放ってました。
20120214042409.jpg
名前が名前なだけに、鞘もそれにあしらったものになっています。
20120214042407.jpg
可動範囲は当時からすればとても広かったと思います。多分今でいうなら三国伝シリーズくらいですね。(ただし首は横にしか動きません。)肘までうごくとは。列伝でも隠密忍者農丸の可動がヤバかったですが。

20120214042408.jpg
ダークネス・アレストシールド。契約者の証みたいなものですが、T様の場合強引な契約だったんですよね。

20120214041816.jpg
聖獣グリフォン。こちらもけっこう大きいです。
可動はほとんどありません。鎧台座みたいな感じです。
羽が可動します。
20120214041815.jpg

横。
20120214041814.jpg
後ろ。尻尾は動きます。

では合体!

20120214041813.jpg
合体することでグリフォン・トールギスとなります。グリフォン本体が余りますが、さらに大きくなってかっこいいです。
必殺技は「ダークネス・グリフォンスレイヤー」

20120214041811.jpg
正面。シルエットが大きくなってかっこいいのですが、羽がデカイため自立が困難になります。
20120214040821.jpg
後ろ。羽を広げるとこんな感じです。ですが重いですw
今の時代ならスタンド必須ですが、魂ステージだと支えきれないので、もっと頑丈なガンプラ用スタンドが良いかと思います。
20120214040820.jpg
合体時の装備はグリフォン・ランサー。
メイン武器が剣から槍になります。
20120214040819.jpg

20120214042406.jpg
剣と同様のアクションは決まりますが、手首関節の構造上、槍で突くポーズはできないのが惜しい所ですね。昔のものなので仕方ないですが。
20120214040817.jpg
以上、グリフォントールギスでした。
懐かしさのあまり、中古屋で叩き売りされていたところを即買い。

現在でも張り合えそうな出来にいまさらながらもびっくりしています。ですが、首と手首の可動がどうにも、といった感じでしょうか。
ガンダムフォースのキャラもSRDXで出ないかなと期待してしまいますね。

当時展開されていたシリーズとしてはかなり出来が良かったのではないでしょうか。
可動範囲も広いですし、付属品も充実してますし。

自分は昔ザッパーザクを持ってましたが、親に捨てられてしまいましてなぁ・・・。
オタク趣味は家族にはまず理解してもらえませんから仕方ないですね。あの当時からオタク叩きみたいな風潮はありましたし。

SDガンダムフォースも面白い作品でしたね。1クール目がちょっと微妙だっただけで。キャプテン対コマンダーサザビーの戦闘や爆熱丸と阿修羅丸の勝負とか、2クール目から見所が増えてて面白かったですし。

ケーブルTVで再放送とかやってくんないかな・・・。

コメント返信
>ハルさん
削る作業はホント時間がかかるので、疲れてる時の作業はおすすめしませんw
ですが、意外とぴったりでびっくりでした。

>涼村さん
他にも使い道がありそうなのでいろいろやってみたいです。
お店でも結構残ってるので入手困難になることはないと思いますよ~。

フィギュっと! 向坂環

2012.02.01 (Wed)
20120201061409.jpg

ついに2月になりました。まだ就職先が決まらない・・・orz

2月最初の記事はフィぎゅっとシリーズより、向坂 環です。

みんな大好きタマ姉ですねw

とある理由で友人からの頂き物です。

ありがとうございます。今後丁寧に取り扱わせて頂きますね。

 20120201085604.jpg
正面。意外に大きいです。
20120201061408.jpg
後ろ。
20120201061406.jpg
付属品一覧。表情2種と差し替え用手首が付属。
収納ケースがデカイです。
表情は前髪がマグネット接続で取り外せるので、楽に取り替えられます。

20120201051811.jpg
そして浮き輪が付属。

20120201051810.jpg
こんな感じに座らせることも可能です。

ではちょいと動かしてみますか。
20120201051807.jpg

20120201051808.jpg
20120201045418.jpg

20120201045417.jpg

20120201045416.jpg

20120201045414.jpg
おお、乳ましい・・・w
20120201045413.jpg
以上、フィぎゅっとのタマ姉でした。

可動範囲はそこそこありますが、取り扱い注意ですね。下手したら関節がすぐ死にます。


友人から聞く限りですと、このシリーズは非常に関節の強度が弱く、アクションフィギュアとしては動かしにくいそうな。

このシリーズは東方キャラなども出しているようで、レビューを見回ってみると首が折れやすいとか手首が折れるとかいろいろ報告も出ているみたいでした。.

関節の強度さえなんとかなればもっと高く評価してもらえそうなのですが。

一応スタンドも2種類付いているのでディスプレイに問題はないと思います。figmaのものと似たタイプもありますので。

自分の結論として、関節の強度から他のフィギュア以上に破損に注意が必要であること以外は良いフィギュアだと考えています。

では、また次回~。
 | HOME |