ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HY2MーMG 05

2012.07.10 (Tue)
20120710071215842.jpg
みなさんこんばんわ。
本日は変わったものを紹介いたします。

HY2MーMGというシリースでして、これはMGシリーズに取り付け可能なLED発光ユニットを内蔵したヘッドパーツキットです。1セットにつき3種類のMSの発光ヘッドが付属。画像はZZのみの紹介ですが、これにはZZ・ランバラル専用ザクⅠ・ジョニー・ライデン専用ザク(旧MG)のヘッドがセットになっています。

限定付録でもなく一般販売で展開され、ザクなどはとても相性が良いのですが、ガンダム系は機体によっては部分塗装が必要な場合がありました。


例えば画像のZZガンダムですが、元のMGの頭部アンテナは接続部が違うため流用できず、HY2Mの頭部アンテナは真っ白なので塗装が必要です。

では続きをどうぞ〜


20120710071214433.jpg
内蔵LEDユニットがこれ。
磁気によるON/OFFが可能な非接触スイッチ「ホールIC」が使われています。
付属の磁石で磁気を感知させることでこのユニットが発光するという仕組みです。発売当時は業界初の試みだったんです。
ですがこの仕組みが使いづらく、磁石のある位置でなければ発光しないためポーズ決めるごとに位置調整が必要になってきます。

そして使用電池はコイン電池CR1216。CR1220でも使えますが、大きさが微妙に違うのでパーツがハマりにくくなります。安全にCR1216を買うことをおすすめします。

20120710071212544.jpg

実際に発光させるとこんな感じ。

発光が強いので素組みでは光がカメラアイ以外からも漏れてしまっています。
ザク系は問題なくモノアイのみ発光させられるのですが、ガンダム系だと素組み派にはちょっとつらい仕様なことがあります。1stガンダムやZは大丈夫なのですが・・・。

20120710071210864.jpg
暗い中で発光させるとこんな感じ。

20120710071207806.jpg
以上、HY2MーMGでした。
今で言うMG00やエクシアに使う LEDユニットの前身じゃないかなと思います。
もともとのHY2Mシリーズは発光ギミックを備えたもっとデカい60分の1サイズの大人向けシリーズだったのですが、その中でもMG対応のヘッドパーツセットが発売されてたんですよね。

現在とんでもなく進化が進んだMGシリーズにはそのまま使えませんが・・・。

でもガンダムやザクの目が光るってのはいいですねぇ。
MS起動!って雰囲気が出てw


数年前のシリーズですが、実はMGシャイニングガンダムのシャイニングフィンガーやMGゴッドガンダムのゴッドフィンガーと石破天驚拳もリリースしており、LEDユニットで必殺技再現が出来た意外な優れものだったりしています。

ですがこのシリーズはセットの割に値段が1500〜2500円という地味にお高い値段だったので、自分の持ってる機体だけを揃えようとすると高く付くことがあるかもしれません。とはいえサザビーやνガンダムといった傑作MGのものも出てるので意外と侮れないシリーズです。

現在はもう展開されてませんが、MSの頭部を発光させるという発想はなかなか良い感じだと思うので、気になった人は是非手にとってみてください。

ではまた〜。


コメント返信
>ハルさん

自分も資金難でスルーし、なでしこを見て買っときゃ良かったと後悔したタチなので中古屋さんで発見したら是非買ってみてくださいw

フォーゼの出来の良さが生かされているので、違和感は感じませんよ。
レビューとかを見て回ると複眼の出来はいいけど関節の緩さが目立ったという声がちらほらしてましたが・・・。


>涼村さん
ロケットモジュールの塗装はなでしこにも生かされていたので個人的に高評価ですw
エフェクトは、炎が確かにオレンジでしたね。
一つでも自分としてはもうこれでいいやって思ってるのですが、エフェクトを付けると関節の緩さが足を引っ張ってしまうのがなんとも・・・。スタンド必須ですよねこれ。

関連記事

コメント

おおっ、いい感じですね~
やっぱりMSの目が光ると雰囲気が出ます。

実は言うと自分はMG作ったことないんですよね。
ガンダムXが出たら買うつもりなんですが。
おおー!
これは初めて見ました!
こういうグレードアップパーツがあったんですね・・・
自分でイチから仕込もうとすると大変なので、こういうのはいいですね!
出来ればこういうのをまた発売してくれないでしょうか?

管理者のみに表示

トラックバック