ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ULTRA-ACT :ウルトラマンガイア スプリームバージョン

2012.09.29 (Sat)
SV1.jpg
「アグルの力をもらったんだ・・・!」



SV2.jpg

「こんなところで、終わるか!」


SV3.jpg




SV4.jpg
はい、ということで今回もまたプレバン組のULTRA-ACTから、ウルトラマンガイアSVです。

投げの鬼と呼ばれるくらい戦闘スタイルが投げ主体だった肉体派のガイア最強形態。

ガイアの時よりもマッシブになっており、劇中に忠実な再現度を誇っております。

少し不満もありましたが、続きからどうぞ〜

SV5.jpg

正面。アグルの力も混ざってるのでカラーリングに青が加わってます。

筋肉質な表現がかっこいい。


SV6.jpg
後ろ。

SV7.jpg
ガイアV2と比較。

ガイアV2は若干首が長く感じましたが、SVはちょうどいい印象。

オプションハンドはSVもV2も同じです。


SV8.jpg
エフェクトはフォトンストリームの他、シャイニングブレードのエフェクトが付属。

ですがちょっと取り付けに難があり、ポーズが決めにくい・・・。

SV9.jpg

なので魂ステージで飛ばしてみたかんじにしました。

SV10.jpg

他にもフォトンストリーム用の腕が付属。差し替えで再現できます。

V2ではクァンタムストリームがやりづらかったのでこれはありがたいです。



SV11.jpg
必殺技だけでなくSV特有の構えを再現するのにも使いやすいですね。


ではちょっとアクション


SV12.jpg


SV13.jpg


SV14.jpg


SV15.jpg


SV17.jpg


SV18.jpg


SV19.jpg

SV20.jpg

SV21.jpg

SV22.jpg


SV23.jpg



SV24.jpg



SV25.jpg



SV26.jpg



SV27.jpg


SV28(.jpg


SV29.jpg


SV30.jpg

ライフゲージも赤いのが付属。魂ステージ用の接続パーツも付属します。


SV31.jpg

以上、ウルトラマンガイアSVでした。

マッシブなスタイルのおかげで劇中のイメージに忠実に仕上がっていて、大満足です。

が、塗装に関しては胴体は綺麗なのですが、顔の塗装にやたらムラがありました。

それとシャイニングブレードのエフェクトが取り付けにくく、ポージングがしにくいのがちょっと残念。

でもフォトンストリーム用差し替え腕と広い可動範囲のおかげで必殺技の流れが再現しやすく、撮影し忘れましたがスプリームキックも再現できたり、なんといっても投げアクションができるのがうれしいですね。

ガイア好きなら持ってて損はないでしょう。

いやぁ注文してよかったよかった。

あ、アグル出すの忘れた。


SV32.jpg

次回はようやく発売のULTRA-ACT グリッドマンを予定。

ではまた〜。



コメント返信
>涼村さん
リブラ良いですよね。ウヴァさんと共演が楽しそうですw

フェニックスさんはネタキャラ化するのが楽しみですが、やられ役軍団はウッディに次いでリブラがしばらくメインになりそうですw

関連記事

コメント

SVいいですね!
ちょっと荒いところが目に付くのが残念ですが、
非常にらしくて好印象でした^^
そうか、シャイニングブレードは飛ばしてしまえばいいんですね!
そして投げの犠牲になるウッディ安定してますねw
V2との比較画像、えらい体格差がありますな。
SVがひょろひょろじゃなくて良かったなと思います。

シャイニングブレードエフェクトは付けにくいって言ってる人が多いですね。
ライダー超銀河フィニッシュにも使えそうですが。

管理者のみに表示

トラックバック