ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

DーArts デュークモン

2013.03.08 (Fri)
dm1.jpg
みなさんこんばんわ。

本日はD−Artsより、デュークモンです。

これ自体は8月に発売されたのですが、お店で発見し、今更ながら購入できました。

出来そのものは素晴らしいです。アクション性も高くポージングしやすい仕様。
当時のデジモン世代にとっては嬉しい商品化だったのではないでしょうか。


なんだかんだで忘れ去られるんじゃないかと心配だったデジモンDーArtsですが、なんとか続いていますね。

では続きからどうぞ〜



dm2.jpg
正面。パール仕様とメタリック塗装が綺麗に出来ています。

胴体のベルトや胸のマークの再現もばっちり。

dm3.jpg

後ろ。

マントはそれぞれ独立して可動。

オメガモンのマントのようにディスプレイ用マントは付属しません。
アクション仕様ですね。

dm4.jpg
頭部も細かいところまで塗装が行き届いています。
後頭部の装飾も可動し、動きに合わせて向きが変えられます。
dm5.jpg


専用台座。
特に模様とかプリントされていない、シンプルな仕様。


dm6.jpg

背中の軸穴に取り付けます。


dm7.jpg

差し替え用パーツとして盾装備用の腕が付属。

dm8.jpg
オプションハンドは平手両手分のみ。

dm9.jpg

聖槍・グラム。

こちらは手首と同じ要領で取り付けます。

こちらもぬかりのないメタリック塗装です。

dm10.jpg
大きいですが可動範囲を損なうこと無く動かせます。

dm11.jpg
聖盾・イージス
こちらも模様や文字までディティールがばっちり再現されています。

こちらは先ほどの腕パーツに差し替えて装着します。

けっこう固いのでお湯などで温めてから外しにいった方が安全ですね。
腕を取り替える時は破損注意です。
dm16.jpg
こちらもしっかりと前に構えることができます。

ではちょいとアクション
dm12.jpg

dm13.jpg

dm14.jpg

進化シーンはかっこよかったですね・・・。
テイマーズ以降の作品ではデジモンセイバーズにてロイヤルナイツとして君臨していました。

クロスウォーズでは過去作のキャラたちと一緒にテイマーズ勢としてゲスト参戦で登場。

dm15.jpg
マントも動きに合わせて向きを変えられるのでポージングしやすいです。
dm17.jpg
ロイヤルセーバー!

dm18.jpg

以上、デュークモンでした。

塗装、可動範囲ともに十分な出来です。
マントが意外に可動の邪魔にならず、動かしやすかったです。

ベルゼブモンとセットで買ってみても良いのではないでしょうか。

欠点というか注意点なのですが、開封時は関節がギチギチなのでお湯ポチャやシリコンスプレーを用意しておいた方が良いです。
私の個体は足首と股関節がギチギチだったので、うっかり力を入れすぎて破損なんてことにならないよう注意しましょう。

さてD-Arts デジモンも6月にプレバン限定でメタルガルルモンがリリース。
私はもう注文しましたがサジタリウスやサイクロンもたのんでしまったため6月の出費がえらいことに・・・><

ゆっくりでいいから、デュークモンもクリムゾンモードまで展開して欲しいですね。

テイマーズ見てた当時はカード集めてたなぁ・・・。

ではまたー。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック