ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「俺と一緒に走れぇぇ!」 HMM ライトニングサイクス アーバイン仕様

2013.05.21 (Tue)
al1.jpg
みなさんこんばんわ。

本日は今更ですがHMM ライトニングサイクス アーバイン仕様です。


以前紹介したライトニングサイクスのアーバイン機がHMMに登場。

アニメ準拠なのでコマンドウルフのメモリーが宿った状態が再現できるだけでなく、今回は追加パーツとしてアニメ劇中で装備していた拘束具が付属。

それ以外は以前紹介したライトニングサイクスと同じです。

では続きからどうぞ〜。
al2.jpg

al3.jpg

al4.jpg
まず全体からぐるりと。

拘束具は今回ガンメタルで部分塗装しています。(ちょっと塗り方が汚くなってしまった・・・Orz)


拘束具を装備した状態だと一回りおおきく見えますが、やっぱり可動範囲が少し制限されます。

al5.jpg

al6.jpg

チューブ部分は軟質素材。

ちょっと外れやすいですね。

al9.jpg
センサー部分はクリアパーツです。



al7.jpg

al8.jpg

以前発売された帝国軍仕様のライトニングサイクスと。

ストライクレーザークローの展開などのギミックや差し替えも同じ仕様です。
al12.jpg

拘束具以外だと違いは目の色くらいですが、アーバイン仕様はオレンジとグリーンの目どちらにも出来ます。

なのでアニメでの再現が可能ですw

al10.jpg

al11.jpg

パイロットはアーバインが付属。
小さいながらもよく塗装されています。

ではちょいとアクション。

al13.jpg
「走れ、走れコマンドウルフ・・! 俺と一緒に走れぇぇぇ!」
al14.jpg
「行くぜ、相棒!」


al15.jpg

al16.jpg


al17.jpg

al18.jpg



al19.jpg

al20.jpg

ぎゅいーん

目が緑からオレンジに変わる演出がまさにアーバインのコマンドウルフの魂が復活した感じが現れてましたね。

al21.jpg

どぎゅーん

一気に加速してったのも高速機らしい演出でした。

al22.jpg

al23.jpg


al24.jpg


al25.jpg

al26.jpg


al27.jpg

以上、HMMライトニングサイクス アーバイン仕様でした。

基本的なギミックやデザインは帝国軍仕様と変わらないものの、拘束具の追加やキャノピーの色の再現度の高さは素晴らしい。

特にこれといった欠点は目立ちませんが、気になったのはキャノピーの色が素組みだとせっかくのクリアオレンジが暗くなって見えづらいところですね。

この辺は裏側からシルバー塗るなりアルミ貼るなりすれば解決できそうですので、改善にそれほど手間はかからないかなと。

あと尻尾の装甲がポロ落ちしやすいので、瞬着など用意した方がいいかなと思われます。

HMMなので値段は高めですが、組み立ててみるとその密度の濃さに毎回驚かされます。

ブレードライガーとディバイソンがいれば、GF再現ですね。

ゾイドのアニメを見ていた人はぜひ当時の思い出に浸りながら作って見て欲しい品です。

ではまた〜。



コメント返信
>マミマミッ子さん
私のは胸の金塗装が若干剥げてしまっていました・・・orz
それでもジェイデッカーはスパ金の中でもなかなかいい感じに仕上がっていますよ。

>ハルさん
まさか勇者系の超合金アクションフィギュアがこの年になって発売するとは嬉しい限りですよね。(過去に小さめのサイズで勇者シリーズのアクションフィギュアが出ていましたが。)
箱の薄さは今までの場合だとエフェクトとか装備とか思いっきり付けてるのが多かったからかもしれませんね。

ブレイブポリスはまさに個性派揃いでしたねw合体前のロボの活躍が濃かったと思います。
ビルドタイガーは合体時のマッスルポーズが出来るくらい再現して欲しいですw




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック