ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

LBX ファントム

2013.07.16 (Tue)


みなさんこんばんわ。

本日はLBX ファントムでございます。

劇中に先駆けてのリリースですね。

今回は部分塗装及び墨入れ無しでシールのみの素組みです。

ではつづきからどうぞ〜。
pm2.jpg
まず通常形態。

翼状の外装パーツを全身に纏った状態。

この翼状の外装パーツ、LBXでもなかなかのボリュームです。
外装と肩パーツにロック機構があります。

この形態はまさに正体不明の敵らしくていいですね。

pm3.jpg
横。
pm4.jpg
後ろ。

バーニア部分は劇中ではビームも発射できるとか。

pm5.jpg

顔にはクリアパーツが使用されています。

pm6.jpg

pm7.jpg

攻撃形態。
外装パーツを広げて全身が露に。

翼状なので、迫力ありますね。
デスサイズみたいだ・・・。


この外装パーツはマルチギミックサックなので、取り外してオーヴェインやドットフェイサーなどにも取り付けられます。

pm8.jpg
胴体にもクリアパーツが使われています。

撮り忘れましたがコアボックスは正体不明機のためか、?マークが彫り込まれています。

pm9.jpg

本体の可動範囲は初期のLBXくらいです。

肩が邪魔で動かしづらく、足も細すぎて自立できません。

スタンドで常に浮かせることになります。

pm10.jpg

こちらが付属のスタンド。
形態別に差し替えて高さ調整がすこしだけできます。

もちろんアクションベースにも対応しています。

pm11.jpg
デモンズランス。

ファントムの武装です。

刃はクリアパーツで、刃が交差したデザインになっています。

双刃でなかなかかっこいい。

pm12.jpg
オプションハンドは平手が付属。

これで翼をはためかせる動きができます。

ではちょいとアクション。

pm13.jpg
ファントムの名前が付いてるだけあって通常形態だと光学迷彩機能があるとか。

正体不明機ってのがまたそれらしさを感じさせてくれます。

pm14.jpg
バサァ

pm15.jpg
pm16.jpg
なんとなくエフェクトを置いてみる。

pm17.jpg
劇中ではいつ頃登場するのやら。

以上、LBX ファントムでした。

翼のおかげで大ボリュームさがすごいです。

広げても閉じてても存在感がすごいLBXでした。

残念なのは攻撃モードの可動範囲。
肩が大きいので動かしててポロ落ちしやすかったり、槍を構えるポーズが取りづらかったです。

平手が付属するのもいいのですが、パンドラに付いていたような角度の付いた手首が欲しかったところですね。

あと、色分けです。自分で部分塗装すればいいのですが、シール無しだとほぼ青一色。
シールを使ってもオレンジ部分くらいしか色分けされないのでもう少し頑張って欲しかった。

部分塗装するにも面積が広いので塗装しやすくもありますが、色ムラができないよう注意したいですね。
バーニア部分は取り外し可能なので塗装しやすいです。バックパックあたりは少し苦労しそうですが。

ここまでいろいろ言いましたが、グルゼオンと比較するとまた違った良い中2臭さを醸し出した機体で、強い存在感のあるLBXプラモです。

この潔い禍々しさはけっこう好きです。

劇中での活躍が楽しみですわ。

次はLBXじゃなくてランディングアーマーがリリースされるそうですね。

こちらも楽しみです。
ではまた〜。

コメント返信
>黄瀬きゃすばるさん

塗装剥げはほんとに残念です。
私のもちょっとだけ首元の部分が塗料薄かったので、編集ですこしごまかしてました。

SHFは限定品に限らなくても塗装が行き届いてなかったりすることが多いので、本当にチェックしてるのか疑問ですよね。

ちなみにクリムゾンスマッシュの自作はクリアプラ版で円錐つくるだけの簡単なものなので実物で見るとちょっと陳腐なのがネックですw
財団Bには早く555の必殺エフェクトを出して欲しいですね。





関連記事

コメント

ファントムを見ていると顔がユニオンフラッグににてますな
No title
閉じたり開いたりがデスサイズ、
立ち姿はどことなくアヌビスと、
禍々しさ全開のLBXですね!
単色なのは寂しいかも知れませんが、
正体不明感が煽られていい感じにもw
とはいえ、黒とか茶系で塗るのも栄えそうな、
そんな機体ですねw

しかし、爆発的にLBXはリリースされてますね・・・ちっとも追いつけません^^;

管理者のみに表示

トラックバック