ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

市販のセンサー用シールを使ってみる

2013.07.19 (Fri)

みなさんこんばんは。

本日はプラモづくりに使える市販のセンサー用シールを購入したので使ってみようかと思います。


では続きからどうぞ〜

ps2.jpg
今回購入したのが HIQ PARTS から発売されているセンサー用メタリックシール。

1.0〜6.0mmまで大きさが別れていて、大きさを使い分けられます。

今回はこれを前回紹介したLBXファントムに使ってみます。


ps3.jpg
使用する箇所はここ。

翼のブースター兼ビーム発射口です。

取説ではこの丸い部分は赤で塗装されていますが、めんどくさがりな私はここに4.0mmのシールを貼ります。

ps4.jpg

それがこちら。

メッキのキラキラ感が塗料とは違う風味になりました。

個人的にはこっちのほうが妖しく光っているように見えます。

ps5.jpg

背部には5.0mmを使用。
他は4.0mmでぴったりです。

ps6.jpg

今度はガウンタ・イゼルファーに使用。
胸の装甲部分に使用。

ps7.jpg
サイズが1.0mmまであるので細かいカメラアイ部分にも使用可能です。

ガウンタの目にも使用しました。

ps8.jpg

以上、市販シールを活用してみた回でした。

部分塗装仕上げでも全塗装でも活躍できるシールです。

全塗装に踏み込めなくて部分塗装でも気軽に見映えを良くできます。

色もメタレッド以外にも複数出ているので、用途を使い分けられます。

今回はLBXを使用例にしましたが、ガンプラやHMM、アクションフィギュアのディティールにもぴったりです。

サイズが細かく分けられているので非常に使いやすいです。

使用の際はデザインナイフやピンセットなどで手に触れないように貼りましょう。

ではまた〜。

コメント返信
>マミマミッ子さん
確かにフラッグっぽいですね。
青ですしね。
来週登場するみたいなので活躍楽しみです。
この禍々しさはなかなかカッコいいです。

>ハルさん
そうですね。私はデスサイズとジェフティっぽい感じみ見えました。
素組みだと単色が悲しいですが、グレーのとこを部分塗装するだけでも変わってきます。
この正体不明感がなかなか好きです。
LBXもどんどんリリースされてきました・・・。次はランディングアーマーという大型アイテムです・・・。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック