ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ミニプラ カミツキ合体 プレズオー

2013.07.29 (Mon)


みなさんこんばんわ。
本日はミニプラ カミツキ合体シリーズより、 プレズオーです。

キョウリュウジャーも3号ロボがリリースされましたね。ミニプラも早めのリリースでした。

プレズオーは単体で変形するのでミニプラ恒例のごとくパーツがA・B・Cと分けられています。

では続きからどうぞ〜。
mp2.jpg
まずプレズオー ロケットモードからぐるりと。
正面。

mp3.jpg

mp4.jpg
後ろ。

ロケットというSF要素を持ちながらしっかり恐竜らしさが出ているデザイン。

元ネタのプレシオサウルスの外見を損ねていないのがすごいです。

mp5.jpg

特徴的な大きい頭部は口が開閉します。

ですが獣電地や劇中のトリガーのスライドギミックはありません。


mp6.jpg


ロケットモードから獣電竜モードに。

ちょっとしか変化ありませんね。

mp7.jpg
ロケット変形。

プレズオーのロボ形態。

単体で変形するのですが、プテライデンオーより大きく、キョウリュウジンとほぼ同じくらいの大きさです。

mp8.jpg

後ろ。

mp9.jpg
プレズオーはなんと肘が可動します。

かといってそこまで広く動くわけではありませんが肘が動くとポーズつけやすいですね。

mp10.jpg
プレズオーの頭部が右腕兼武器に。

元々頭部が大きいのでロボ形態でもすごい存在感です。


mp11.jpg
足首には可動軸があるので接地性も安定しています。

mp12.jpg
また、右腕と合体してるプレズオー頭部を通常の右腕に差し替えられます。

プレズオー頭部装備時には背中に取り付けられています。
こういうギミックはパーツ紛失の心配が無くていいですね。

mp13.jpg

mp14.jpg

もちろん現在発売されている獣電竜とカミツキ合体が可能。

プテライデンオーはちょっと無理でしたが。

では、爆裂カミツキ合体!

mp15.jpg
まずはガブティラをこのように変形させます。

mp16.jpg
プレズオーの腕のジョイントを引き出し、ガブティラ横の穴に差し込みます。

mp17.jpg
足を広げてジョイントを引き出し・・・

mp18.jpg
ブンバッキーとプレズオーの頭部を合体させて完成。

最近登場したバクレツキョウリュウジンに。

ライデンキョウリュウジンに比べて全高が高くなっています。

足が腕を担ってるので、腕の可動範囲が上がっています。

mp19.jpg
横。
mp20.jpg
後ろ。

プレズオーロボ形態では大きすぎた右腕がちょうどよく収まってますね。

mp21.jpg
頭部もシールでしっかり再現されています。

ではちょいとアクション。
mp22.jpg


mp23.jpg
ブレイブ爆裂ストーム!

mp24.jpg

獣電砲!爆裂ブレイブフィニッシュ!!


劇中とは違いますが今回はエフェクトを使用。

プレズオーの必殺技は発射前にカウントダウンするのが個人的には好きだったりw

mp25.jpg

以上、ミニプラ プレズオーでした。

3号ロボまで順調にリリースされましたね。
紫色で、中の人が千葉さんで恐竜とかもうメガ様じゃんとか思いましたw



ミニプラの出来としては肘関節が動くのはいいですね。シールも多いので見映えも安心です。

腰が動かないのが残念でしたが、ガブティラと合体することで解消されるのでそうでもないかと。
ですがプレズオー完成にはパーツを3つ揃えないといけないので、ちょっと割高感です。
明らかに右腕が大きいせいなのですが。

それでも揃えたときのボリュームはミニプラといえどすごいものです。爆裂合体時の大きさにはちょっとびっくりでした。

今回もすごいのは単体でも合体でも余剰パーツが出ないことですね。
戦隊ロボって合体させるとなにかしらのあまりパーツが出てしまいがちですが、ミニプラ カミツキ合体シリーズは変形時でも合体時でも紛失の心配がありません。
これは子供にとってもいいことですね。DXより気軽に買えるので親御さんも安心です。

次のミニプラはトバスピーノですね。8月に劇場版公開されますし、どんなギミックになるのか楽しみです。

3号ロボのプレズオーが出てもまだ全部乗せ合体のアナウンスが無いので、次のトバスピーノでやるんでしょうかね。

ではまた〜。







関連記事

コメント

プレズオーいいですね!
ちょっとフォーゼに似ていると思うのは自分だけでw
7人目キョウリュウバイオレットはある意味びっくりでしたよね。

管理者のみに表示

トラックバック