ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

LBX トライヴァイン

2013.08.17 (Sat)

みなさんこんばんわ。

更新をさぼってしまいすみません。

ちょっと新しいストップモーションソフトの試運転的なことをしていました。


今回は、「ダンボール戦機 WARS」より、トライヴァインです。
ジェノック第一小隊の隊長、出雲ハルキの使用LBX、オーヴェインの後継機。
アニメ登場より先駆けてプラモデルがリリース。

オーヴェインの流用パーツがありますが、それを感じさせない別の機体になっています。

今回は素組みに部分塗装、墨入れを行っております。

では続きからどうぞ〜
tv2.jpg
正面。
オーヴェインに比べ、よりワイルドな雰囲気に。


tv3.jpg
横。

両肩にはジェノックのマークがシールで付属。

tv4.jpg
後ろ。

tv5.jpg

背中のアーマーは外してマルチギミックサックの接続が可能に。

tv6.jpg
オーヴェインに比べ、頭部に赤い角が追加され、目つきも鋭くなってます。

tv7.jpg
膝には迷彩シール。

オーヴェインの時には肩の迷彩の再現に追加シールを買わないといけないので、これは嬉しいですね。

tv8.jpg
キャノンクロー。

普段はクローで、砲撃時や必殺ファンクション時には両腕を合体させてビームキャノンになります。

合体兵器が大好きな自分にはたまらない装備ですが、この形状のおかげで他のLBXの武器が一切持てません。

tv9.jpg
ビームキャノン。

こちらも新装備。両肩に2門装備されています。

tv10.jpg

オーヴェインとの比較。

流用パーツがありますが、こうして見るとギミックも見た目も完全に別ものとなっています。

トライヴァインになって重火機な雰囲気からアグレッシブな雰囲気になってますね。

クリアパーツが生かされてる分、オーヴェインの方が頭部が綺麗な感じ。


tv11.jpg

トライキャノン。
両腕のキャノンクローを合体、両肩のビームキャノンを展開させます。

腕が短いので合わせづらいかと思いきや、スライド機構のおかげでそうでもありませんでした。

では、ちょいとアクション。
tv12.jpg
オーキャノンを装備させてみる。

マルチギミックサックなのでトライヴァインにも取り付けられます。

登場後もこうして武器を使って欲しいですが、トライヴァインの腕的に無理そうですね。

でもなかなかかっこいい。

tv13.jpg

tv14.jpg

tv15.jpg

tv16.jpg


tv17.jpg
以上、LBXトライヴァインでした。

オーヴェインの後継機だけあって、格闘アクションができるようになっただけでなく、しっかり特徴の砲撃形態も用意されていたのがびっくり。

両腕を合体させる武器とか私は大好きなのでつい買ってしまいましたw
合体武器はロマンです。

ワイルドフレームのままなので可動範囲はオーヴェインと同じですが、オーキャノンが無い分トライヴァインの方が動かしやすいです。

ポロ落ちし安かった尻尾も改善されていました。

ですが、腕が短いので、トライキャノン時のポーズがどこか頼りない感じも。

他にも欠点として気になったのは、武器腕の宿命ゆえに持ち手が無いことです。
このせいでカスタムウェポンセットなどの武装が、トライヴァイン単体では組み合わせられません。
この機体に武器を持たせたい場合は他のLBXから腕ごと装備させましょう。

ライディングアーマーには乗せられますが、格闘装備よりもロシウス仕様の銃火機装備の方が似合うかもしれません。

他にも、塗装無しの素組みだとチープさが目立ちます。オーヴェインの時はクリアパーツのおかげで素組みでもなかなかの出来でしたが。この辺は好みですね。

部分塗装は銃口だけでもやっておくとがらり印象が変わります。

遊びやすさ満載のLBXなのでおすすめです。
合体武器好きな自分には嬉しい機体でした。

他の主人公後継機LBXが楽しみですね。

ではまた〜。

コメント返信

>マミマミッ子さん
このエフェクトセットはLBXだけでなく他のフィギュアにも使える汎用性の高さを持ってます。
ライダー以外にも、調整が厳しいですが使い方を考えればfigmaやリボルテックだけでなくULTRA-ACTにも使えるんじゃないかと思いますw

ちょっと割高ですが、某家電量販店とかでなら定価より安く買えると思いますのでおすすめです。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック