ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG ガンダムアストレイ レッドフレーム(フライトユニット装備)&ホビージャパン2013年10月号特別付録 ガンダムアストレイ カスタムキット カレトヴルッフ 

2013.08.27 (Tue)


みなさんこんばんわ。
本日は番外作品主人公のMS、HG ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)とホビージャパン特別付録のアストレイカスタムキット カレトヴルッフです。


待望のHGブルーセカンドに続いてレッドフレームがフライトユニット装備で登場。

フライトユニットが追加され、レッドフレームも旧HGとはまるで別物になってます。

そいて今回は雑誌特別付録のカレトヴルッフも紹介します。

今回はカメラで見えにくい部分のみ墨入れと部分塗装してあります。それ以外は素組みです。



では、続きからどうぞー。
rf2_201308272220449c6.jpg
正面。

旧HGから10年も経ってるので、スタイルも新しくなっております。

以前よりも漫画のデザインに近くなってます。

rf3_2013082722204316b.jpg
横。

rf4_20130827222042261.jpg

後ろ。

フライトユニットにはライフルとシールドがマウントできます。

rf5_20130827222042a14.jpg

頭部アンテナがシャープになっており、腰も00シリーズなどの近年のHGのように二重関節化。

おかげでかなり動きます。

rf6_20130827222015407.jpg
シールド。

一部ホワイトで部分塗装しております。

こちらも素での色分けが旧HGより良くなっています。

rf7_201308272220141d8.jpg
ビームライフル。

旧HGよりゴツくなりました。

手の甲を外さずに装備できるようになったのはいいですね。

rf8_201308272219456ec.jpg

フライトユニットを外して通常のレッドフレームにもできます。
rf9_20130827221945ed0.jpg

rf10_20130827221944aaa.jpg
偵察型バクゥヘッド。

今回驚いた武器パーツ。ビームサーベルも付属。

レッドの手には専用パーツを用いて装備します。

このバクゥヘッドはアニメPV(スターゲイザーのDVD初回特典に付属したアニメDVD)に登場したものですね。

シグーをバラバラに斬ったのがかっこ良かったです。

rf12_20130827221942913.jpg

ビームサーベル。

サーベル部分は00シリーズのものと同じです。

rf11_201308272219439a0.jpg

ガーベラストレート。

レッドフレームといえばこれ。
武者ガンダム大好きだった私のハートキャッチした武器でした。

ですが旧HGのようなメッキではなく、グレー一色でシール祭りなのが残念。

rf13_20130827221943906.jpg


カレトヴルッフ。

ここからはHJ付録の紹介。

今年のガンプラ付録です。

毎年のことですが、白一色なのでそのままだと見映えが悪いです。
しかし、パーツの分割がしやすく部分塗装が楽です。

なので塗装の難易度は優しいほうです。

rf14_2013082722185860d.jpg

専用の持ち手が付属。

こちらもそのままだと真っ白。

rf15_201308272218587f8.jpg

刃部分は外してビルドナイフとして装備可能に。

rf17_20130827221856180.jpg
Gモード。

カレトヴルッフは劇中では工具という扱いなのでこの形態は一応ビームトーチです。

こちらもなかなかかっこいい。

rf16_2013082722185799e.jpg

そしてなんとドライグヘッドも付属。

こちらもそのまま組み立てると真っ白ですが、見やすくするためにビーム部分をピンクで部分塗装。

ビームアンテナまで再現されています。

rf18_2013082722185663b.jpg

カレトヴルッフは専用ジョイントが付属。

rf19_201308272218556e9.jpg
おかげでこのように背負えます。

では、ちょいとアクション。

rf20_201308272217530a6.jpg

rf21_20130827221753e12.jpg
オプションハンドは平手が付属。

可動範囲も広くなったので抜刀の構えがしやすいです。

rf22.jpg

rf23.jpg
最近のHGのようにアクションベースにも対応。

rf24.jpg

rf25.jpg

以上、レッドフレームとHJ特別付録 カレトヴルッフでした。

HGレッドフレームは旧HGより可動範囲、ディティール、武装面で大きくボリュームアップ。

ガーベラストレートを構えやすくなったのは素晴らしかったです。

偵察型バクゥヘッド付属が一番驚きでした。

しかし、ガーベラストレートがグレー一色でシールだらけになってしまい、ちょっと安っぽくなってしまったのが残念。 あとビームサーベルも、00仕様のビーム刃になってしまい、レッドフレームのだとちょっと弱々しく見えました。ここは旧HGのビームサーベルのエフェクトの方が好きでした。

部分塗装が必要な点は相変わらずなので、レッドとホワイトの補充と面相筆を用意しておくことをおすすめいたします。

それ以外はすばらしかったです。

カレトヴルッフはもうさすがのホビージャパン付録。

付録なので色分けはまったくされていませんが、マスキングしやすく、複雑なディティールなのに初心者にも優しい設計になっていました。
現在発売中のビルダーズパーツのサイトレンズや144分の1用MSエフェクトが無改造で取り付けられるのも良いですね。

昨年のレイザーウェアにも驚かされましたが、とってもかっこいい。

ですが、ビルドナイフ単体だと手首が緩くて持たせづらいです。

普通に両手持ちさせると安定しますが。

パーツの分割もしやすいので、この付録で塗装にチャレンジしてみるのもいいのではないかと思います。

カレトヴルッフは複数買っても遊べる恐ろしい工具なので、多々買いが激しくなっております。欲しい人は早めにどうぞ。(私は慌ててラスト3つ買いました。)

レッドドラゴンは部分塗装が終えてからまた追って紹介します。

ではまた〜。


コメント返信

>ハルさん
サンダーのポロ落ちっぷりはひどかったですからね。
キングはデザインもありますが、サンダーよりポロ落ちしないので安心して動かせます。

ほんとにこれは素晴らしいですよ。手首破損の危険は相変わらずでしたが。

中古屋さんは相変わらずトンでも価格で売られてました・・・。

>涼村さん
造形のレベルが高くて嬉しいかぎりでした。
ファイヤーもかっこ良かったのですが、キンググリッドビームも欲しかったなーって毎回思います。

ポロ落ちは改善されてますが、手首破損の危険は変わらないので、もし購入された場合はサンダー以上に手首破損にお気をつけください。

グリッドマン系はダイナドラゴンやゴッドゼノンまで出して欲しいですよね・・・。
あと未登場で終わってしまったグリッドマンシグマもACT化してくれたらいいのですが・・・。

よしアンケートにいっぱい要望書こう。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック