ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGUC ゾゴック(ユニコーンver.)

2013.09.26 (Thu)

みなさんこんばんわ。

本日はHGUCゾゴックです。

一年戦争の機体ですが、今回はユニコーン枠でHGUC化されました。

アニメでの登場はユニコーンが記憶に新しいですが、ゲームどではけっこうな頻度で出演しています。

HGは最新技術なこともあり、なかなかおもしろいガンプラでした。

今回は素組み+墨入れ+部分塗装です。

では続きからどうぞ〜
zk2.jpg
正面。

体格はなかなかいい感じ。


胴体にはクリアパーツ。


zk3.jpg

後ろ。


zk4.jpg
バックパックのディティールはそのまま素晴らしいのですが、パイプがこのように胴体と腰に繋がっているせいで腰がまわりません。

zk5.jpg
モノアイは可動でぐりぐり動かせます。

モノアイ可動で視線を動かせるのはいいですね。

可動させるときはクリアパーツを外します。

zk6.jpg


アーム・ユニット
両手分あり、ゾゴックの設定通り腕が差し替えで伸びます。


zk7.jpg

二つ付けるとなかなかの長さに。

zk8.jpg
ヒートソード。

ユニコーンでジム3を後ろから刺してました。

zk9.jpg

なんとクリアパーツで赤熱状態のものが付属。

といっても素組みのままだと透明なので、クリアレッドで塗装しました。

武器用持ち手は両手分付属。

zk10.jpg
シュツルム・ファウスト。


こちらもユニコーン劇中で使ったもの。

手首に角度が付けられないのでしっかり構えられませんが。

zk11.jpg

このように後ろにマウントすることが可能。


zk12.jpg

頭部のブーメランカッターは取り外せます。

造形も申し分ない。



ではちょいとアクション。

zk13.jpg

zk14.jpg


zk15.jpg
ゾゴックは自分の武器の説明を始めた。




以上、ゾゴックでした。

HGジュアッグから1年近く経ちましたが、今回ようやくHG化。

腰が回らないのは残念ですが、アームユニットの伸縮の再現、ヒートソードの赤熱、ブーメランカッターなど武装面においては充実しており、持ち手もしっかりしてるのでポーズが付けやすいです。
広い可動範囲で片膝立ちも安定させられます。

モノアイがぐりぐり動くのも素晴らしいですね。合わせ目も見えるのが太もも部分くらいで、他は目立たないように出来ており、素組み派でも満足できる色分けです。

非常に作りやすいHGでした。

あとは平手とか欲しかったなーってくらいですね。

せめて腰は回せるようにして欲しかったですが、ここまでかっこいいゾゴックをよくぞ出してくれたと思います。

ではまた〜。







関連記事

コメント

ゾゴックいいですね!
武装と可動は申し分ないですね。
このままアッグも出てくれませんかねw

管理者のみに表示

トラックバック