ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

LBX マグナオルタス

2013.10.24 (Thu)

みなさこんばんわ。
本日はダンボール戦機WARSから法条ムラクの新機体、マグナオルタスです。

後で塗装にチャレンジするので今回はシール無し、墨入れ無しの完全素組みでお送りいたします。


では続きからどうぞ〜。
mo2.jpg
正面。

悪魔騎士っぽいフォルムですね。

mo3.jpg

後ろ。
マルチギミックサック部分はキャップで蓋がされています。

mo4.jpg

頭部は素組みでも細かく色分けされています。

フェイズ部分はクリアパーツです。

mo5.jpg

足もナイトフレームに変わったので足がよく開きます。

mo9.jpg

ガウンタ・イゼルファーさんと比較。

ガウンタさんがごつかったのに対してマグナオルタスはスマートなデザインになってますね。

干渉する部分が少ないので可動範囲もガウンタより広くなってます。

mo6.jpg

マグナスブレード。

キットそのままだと単色黒です。

長さはちょうどいい感じ。

mo7.jpg

マグナスシールド。

こちらも大きく、刺々しくなってます。


mo8.jpg

シールドにブレードを収納でき、背中のマルチギミックサック部分にあるキャップを外して取り付けることが可能。

他の機体の武器も背中に取り付けられます。

mo10.jpg


mo11.jpg

もちろんガウンタの武器も装備可能です。

色的に持たせても違和感ないですね。

ではちょいとアクション

mo12.jpg


mo13.jpg

mo14.jpg


mo15.jpg

mo16.jpg


可動範囲はガウンタより広めで、ドットブラスライザーと同じくらいですね。


mo17.jpg

mo18.jpg
以上、マグナオルタスでした。

今週ジェノックに移籍したムラクさんの新しい機体。登場は来週ですが、バイオレットデビルなカラーリングで、ダークヒーローっぽいデザインですね。

ガウンタのゴツさも好きでしたが、どうやらあのアニメでは新型ライバル機はスマートなスタイルになるのが常なようです。

肩や腕部分で塗装はちょっと大変な部分がありますが、ドットブラスライザーやトライヴァインのようなギミックが無い分、アクション性の高いLBXでした。
注意点は、動かしていると肩アーマーが頭に干渉して頭がポロ落ちしやすかったところくらいです。

肩アーマーはバーニア部分が可動するので腕の可動には干渉しないようにできていますが、肩を入れた動きをしようとするときは注意ですね。


それ以外はかなり高いクオリティです。ファントムの可動範囲にちょっとがっかりしてた私にはけっこう嬉しいLBXでした。

ではまた〜。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック