ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「ガイドビーコンなんか出すな!やられたいのか!?」HGUC ガーベラ・テトラ

2013.10.25 (Fri)

みなさんこんばんわ。本日はHGUCより、ガーベラ・テトラです。

ガンダムGPシリーズがHGUC化してからかなり年月が経ちましたが、こちらもようやくHG化。

旧キットに比べると若干サイズが小さいですが、HGらしく良いところもありました。

今回はシールと部分塗装と墨入れのみです。

ではつづきからどうぞ〜。
gt2.jpg
正面。

曲線の綺麗な体型はそのままに、がっしりとした体格。


gt3.jpg
横。

gt4.jpg
後ろ。

gt5.jpg

モノアイはシールで再現。予備シールが2つあります。

gt6.jpg
ビームサーベル。

劇中では使っておりませんが、クリアパーツで再現。

gt7.jpg

ビームマシンガン。

こちらは専用持ち手が右手のみです。

gt8.jpg
シュツルム・ブースター。
背中のバックパックに差し替えで取り付けます。

大きいので装備すると後ろに場所をとります。

gt9.jpg
プロペラントタンクやバーニア部分はそのままでもしっかり色分けされています。

付属品は以上です。

ではちょいとアクション

gt10.jpg

gt11.jpg
gt12.jpg
戦場の絆ではタックルモーションが蹴りだったり。

ですがちょっと蹴りアクションは厳しいかも。

gt13.jpg


gt14.jpg

gt15.jpg

平手があるので銃に手を添えたポーズもできます。

gt16.jpg
以上。ガーベラ・テトラでした。

待ちに待ったシーマ様の機体。劇中では登場が終盤ですが、そのかっこよさはしっかり再現されています。

武装もブースターまで再現してくれていますし、全体的な色分けも充分にされているかと。部分塗装難しそうなのは足裏のグレー部分くらい。

パーツもうまく分けられていて、組み立てやすかったです。

欠点といえば、肩がデカいので肩回りの可動がちょっと厳しいこと、頭部がほぼ横しか動けず、上を向けないことですね。

それでも、ポロ落ちなどの欠点はそれほどなく、動かしやすいHGでした。

0083のファンはもちろん、ジオニストな皆様にはおすすめできるHG。
これならいずれはGP04のHG化もありそうですね。
プレバンとかだったら嫌ですが。

ではまた〜。




関連記事

コメント

ガーベラテトラかっこいいですね!
ただ、肩のバーニアが変に重たくて肩の接続部分を破損しやすいですよ

管理者のみに表示

トラックバック