ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

D-Arts ブラックゼロ

2013.12.29 (Sun)
bz1
みなさんこんばんわ。

本日はプレバン限定D−arts ブラックゼロです。

黒ゼロはゲームではロックマンXシリーズの隠し要素としてX4、X5、X6、X8で登場していますね。

その黒ゼロがプレバンでD-Arts化。

カラーリングはゲーム登場時のものに準拠しており、表情パーツが一部type−2と視線が異なっているものと、コミック版表情パーツが付属します。
武装やオプションハンドは通常版のゼロtype-2と同じ仕様で付属。カラーリング以外特に変更はありません。


では、続きからどうぞ〜

bz2
正面。
ブラックカラーなので全体的に黒くなってます。
塗装の表面にはラメ加工が施されてます。

X4以降の隠し要素としてのブラックゼロなので、厳密に言うとX2の時に登場した黒ゼロとは少し違います。

bz3
後ろ。
髪の毛は上下と横に少し可動しますが、やっぱりアクションさせる時に干渉します。

bz4


左肩のZのマークもしっかりプリントされています。

胴体の白い部分はパールホワイトで塗装されていて、すごく綺麗です。


bz5

bz6

bz7


Zセイバーは3種付属。

これはtype-2通常版と同じ仕様ですね。
通常のセイバー、先端が尖ってる状態、アクション時の状態が付属。

もちろんビーム部分を外して背中に納刀できます。

ビーム刃はクリアパーツで、紫で塗装されています。
イメージとしてはX4の天空覇習得時の色と言えばわかりやすいでしょうか。

bz8

通常版との比較。

カラーリング以外特に変更ありませんが、色が違うだけでかなり印象が変わりますね。



bz9


bz10


仕様が同じなので、このようにサーベル部分を取り替えることが可能です。

bz11

表情パーツは通常のものに加えこの視線がそれぞれ違う顔が二つと、


bz12

コミック版表情パーツが新規で付属。
いわゆる岩本版エックスのゼロの顔ですね。
ウインクしてます。
bz13

なぜこの表情にした。
表情パーツは通常版ゼロtype-2や1st版ゼロと使い回せます。

なので、1stから揃えておけばゼロの表情もエックス同様にかなり豊富になりますね。

bz14

バスターも色以外はtype-2通常版と同じ仕様。

銃口も差し替えてエックスや1stゼロに付属したバスターエフェクトが取り付けられるようになってます。

では、ちょいとアクション。

bz15


bz16

bz17

アルティメットアーマーエックスと。


この対決が見られるのはX5の良いとこですね。(この対決をしたいがためにアルティメットアーマーと黒ゼロを両方入手したのは私だけではないはず・・・!)

この二人がアクションフィギュアで揃う日が来るとは・・・・。

bz18

以上、ブラックゼロでした。

単なる色違いかと思いきや、表情パーツが違っていたり、岩本版のフェイスが付属したりと、細かいところに変化がありました。

岩本版フェイスの顔を開封時に見たときはちょっと笑ってしまいましたが、これは嬉しいファンサービスだと思います。

可動範囲も広くて楽しいですが、髪の可動範囲の狭さと、ヘルメットを深く被っているので表情パーツを差し替えても目線が見えにくい点が改善されていないのが残念。

ですが、バスターエフェクトや表情パーツを通常版ゼロtype-2や1stゼロなどから流用できるので、これまでのシリーズを集めていれば楽しさが増すことでしょう。
特に塗装がとても綺麗でした。(私のはちょっとムラがありましたが・・・・。)

Xシリーズをプレイしていた身としてはうれしいファンアイテムでした。

これでVAVA mk−2やアクセル、他のエックスのアーマーなどを展開してくれるといいですね。

ではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック