ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG ガンダムX魔王

2014.01.01 (Wed)


新年あけましておめでとうございます。


新年一発目のレビューとしてHG ガンダムX魔王です。


HGガンダムXをベースに新規追加パーツでリファインしたものですね。
劇中ではヤサカ・マオの改造ガンプラ、彼の使用機体として登場しています。

元になったHGガンダムXに比べ、ガンダムXで微妙だった点がいくらか改善されています。

今回は素組み+部分塗装+スミ入れです。

では、つづきからどうぞ〜。


xm2.jpg
正面。
元のガンダムXとは印象がまるで違います。

ほぼ同じなのは胴と関節くらいで、新規パーツがいい感じに目立っています。

xm3.jpg

横。


xm4.jpg

後ろ。

xm5.jpg
シールドバスターライフル。

こちらは元のガンダムXと同じ仕様。

xm6.jpg

シールドモードも再現。ライフルモードとシールドモードがそれぞれ付属します。


xm7.jpg

大型ビームソード。
こちらも元のガンダムXのものと変わりありません。
サテライトキャノンの後部に収納されている点も同じですが、バックパックのおかげで引き抜くアクションがしやすいです。


xm8.jpg

ビームサーベル。

こちらは新規ですね。

普通のサーベル。バックパックの左下部に収納されています。

もちろん外してシールドバスターライフルを取り付けることも可能です。


xm9.jpg
バルカンポッド。

これは元のHGガンダムXの流用ですが、なんと肩アーマーと脚部アーマーに接続ジョイントがあり、隠し武器みたいな感じの装備に。

xm10.jpg
ミサイルポッド。

こちらは新規パーツ。先ほどのバルカンと同じ要領で取り付けます。

xm11.jpg

ハイパーサテライトキャノン。
元のガンダムXと比べて一番変わった部分。

肩から背負うのではなく、ランチャーのように手にもって構える形に。

取手の追加とアームのおかげで構えやすさが上がっています。


xm12.jpg
アーム用接続基部のおかげで、元のサテライトキャノンに比べてちょっと長くなってます。

xm13.jpg
他にはスコープパーツが追加されています。

新規パーツの専用持ち手で構えます。

xm14.jpg
リフレクター。

元のガンダムXとはデザインが変更されています。

そして、リフレクターにディティールが追加。

立体的になってます。これはHGダブルエックスでもあったので、嬉しかったですね。

ガンダムXではリフレクターにディティールはなくシールのみでの再現でしたから。

ではちょいとアクション

xm15.jpg

xm16.jpg

xm17.jpg


xm18.jpg

以上、ガンダムX魔王でした。

HGガンダムエックスに比べ、非常に遊びやすくなっており、HGガンダムX欠点もいくつか改善されておりました。

新規追加パーツのおかげで元のガンダムXとは印象が重いっきり変わっています。
シールも多めで、普通に組み立ててもいい感じです。
部分塗装が必要なのはボディとバックパックくらい。

リフレクターのディティール追加は嬉しかったですね。
可動範囲は広めですが、肘関節はビルドストライクやDXのようにして欲しかったところ。

サテライトキャノンは以前より構えやすいのですが、元々肘が90度までしか曲がらないのでここは新規で変更して欲しかったなと。
気になった点はこれくらいです。

それ以外はHGガンダムエックスに比べて改善された箇所が多いので、満足度は高かったです。

画像にはあげてませんがボディのクリアパーツなどはブラックライトに反応します。

ビルドファイターズの展開もさらに面白くなってきましたし、このシリーズもどんどん展開して欲しいですね。




それではみなさま、今年もよろしくお願いいたします。


ではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック