ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG ケンプファーアメイジング

2014.01.12 (Sun)

みなさんこんばんわ。

本日は「ガンダムビルドファイターズ」から、HG ケンプファーアメイジングです。

アニメ劇中ではメイジン・カワグチとして世界大会に参戦したユウキ・タツヤの使用機体。

HGケンプファーをベースに新規パーツとアメイジングウェポンバインダーが追加されています。

元のケンプファーが良キットなので、組み立てやすいHGでした。

今回もスミ入れ+部分塗装仕上げです。

では、続きからどうぞ〜。


ak2_20140112202600151.jpg
正面。

色調がもとのケンプファーより濃い青になっています。
本体の新規パーツは足、肩、腕、バックパックです。


元のケンプファーの余剰パーツがありますが、肩のスパイクや膝アーマーが無いのでこのカラーで普通のケンプファーはできません。

ak3_201401122025591b7.jpg

横。

ak4_20140112202533dbb.jpg
後ろ。バックパックのウェポンバインダーが目立ってます。

バックパックが新規パーツですが、その影響で頭が真上に上げられません。


ak5_2014011220253283a.jpg

頭部の白い部分は白で部分塗装。
一応シールで再現されますが、今回はマーカーを筆塗りしました。

ak6_20140112202531202.jpg

ベースになったケンプファーと比較。

新規パーツによってアメイジングの方が元のケンプファーよりがっしりしたスタイルになってますね。

ak9_201401122025298cd.jpg
アメイジングピストル。
ウェポンバインダーに格納されている小型の銃。
組み合わせでロングレンジライフルになったりビームライフルになったりします。

ak8_20140112202529605.jpg

アメイジングライフル。

アメイジングピストルにライフルパーツを装着することでビームライフルに。

砲身も普通のビームライフルと同じくらいの長さ。
スコープ部分は付属のシールではなく市販のセンサーシールとHアイズを使用しました。

ak7_201401122025303e9.jpg
アメイジングロングレンジライフル。
劇中のメガサイズモデルザク戦でも使われた遠距離攻撃用形態。
アメイジングライフルより砲身が長くなっております。

ak10_201401122024098b3.jpg

砲身を差し替えることで上記二つの形態にできるのですが、劇中で出ていたサブマシンガン形態はありません。

HGで再現されているのは各ライフルモードとピストルです。
ak11_20140112202408e8c.jpg

ak12_2014011220240720f.jpg
ウェポンバインダーにはアメイジングライフル、ロングレンジライフルがこのように格納できます。

武器パーツが余らなくていいですね。

ak13_20140112202407445.jpg

アメイジングナイフ。
接近戦用武器。
ククリ刀やサバイバルナイフのようなデザイン。

劇中では格闘戦だけでなく投擲武器としても使用。

ak14_201401122024063d7.jpg
胴体のホルスターに収納できます。


ak15_201401122024058ce.jpg
アメイジングウェポンバインダーはジョイントで可動するので、このようにビームキャノンっぽく構えられます。

ak16_20140112202313000.jpg

また、グリップに連結させてこのように手持ち武装として運用可能。


ですが、重くなるので構えにくいです。

ak17_20140112202312d68.jpg

またウェポンバインダーには接続穴があるので、バインダー同士で連結可能な他、軸穴のサイズが合えばこのように他の武装をマウントできます。


ak18_20140112202312cbc.jpg

もちろんベースがケンプファーなので、武装もそのまま装備可能。

では、ちょいとアクション。

ak19.jpg

このキャノン形態、重くて前に構えようとすると手首が外れたりします。

なので片手で構えるのは難しいです。

ak20.jpg

ビームサーベルを持たせてみる。
ケンプファーアメイジングにはビームサーベルは付属していませんでしたが、劇中で使ってくれるのでしょうか?

ak21.jpg
M.S.Gシリーズのアサルトライフルを装備。

ケンプファーなので実弾兵装が似合いますね。

ak22.jpg

胴体の可動範囲が広いので劇中で見せた狙撃っぽいアクションもなんとかこなせますね。

頭が上を向けないのでちょっと厳しいですが。

ak23.jpg

ak24.jpg

ak25.jpg


ak26.jpg

ak27.jpg


以上、HG ケンプファーアメイジングでした。
ケンプファーのHGは良キットなので可動範囲が広くアクション性は良好。
武装のボリュームがあるのもいいですね。(バズーカやショットガンがないのでケンプファーらしさが感じられないかもしれませんが。)
元のケンプファーの武装も装備できるので、フル装備遊びも楽しめます。

主に部分塗装が必要なのは顔や胴体、足などの各部バーニア部分。

私はガンダムマーカーのZイエローで塗装しました。

新規パーツのおかげで、非常にごつくてカッコいい機体。ガンアクションがかっこ良く決まるケンプファーでした。
しかし、バックパックの新規パーツが後頭部に干渉して頭部がほとんど上を向けないこと、アメイジングライフルのサブマシンガン形態が再現されてないのが残念だったところ。

それでも良キットなので、元のHGUCケンプファーを持っている人にもおすすめです。

ではまた〜
関連記事

コメント

No title
ケンプファーアメイジングかっこいいですね!
今回もBFシリーズは安定した完成度のようで、
組み立てるのが楽しみですw
ただでさえ武装山盛りだったケンプファーに、
アメイジングの武装を足すとかっこよさがハンパないですね・・・!

管理者のみに表示

トラックバック