ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイング

2014.01.19 (Sun)

みなさんこんにちわ。

本日はHGスタービルドストライクガンダム プラフスキーウイングです。

ガンダムビルドファイターズの主人公機、ビルドストライクガンダムが新装備ユニバースブースターを装備した強化形態。
劇中ではさっそくプラフスキー粒子を生かしたギミックを披露してくれました。

ガンプラでは先週発売のケンプファーアメイジングに続いての登場です。

今回は部分塗装とスミ入れによる簡単フィニッシュです(ホワイトが切れてライフルだけは未塗装)。

それと、今回はエフェクトのために単体で発売されたHGユニバースブースター プラフスキーパワーゲートも購入しました。


では、続きからどうぞ〜。



sb2.jpg
正面。

ビルドストライクとの変更点は、ブースターと足の一部装甲、武装のみです。

sb3.jpg
横。
シールドには新規パーツが使用されています。


sb4.jpg
後ろ。
このままでもブースターのクリアパーツが綺麗に目立ってますね。

sb5.jpg

今回新規パーツで追加された部分。
こちらもクリアパーツ使用で豪華さが出てますね。

HGユニバースブースター プラフスキーパワーゲートにも付属しますので、スタービルドストライクを買わずともHGビルドストライクガンダム フルパッケージを持っているのであればユニバースブースター単体だけ購入するだけでもスタービルドストライクがちゃんと完成します。

sb6.jpg
ブースター装備によって胸の装甲が追加。

被せるように装備するのですが、意外と首回りの可動には干渉しないようにできています。

sb7.jpg

sb8.jpg

sb9.jpg

スタービームライフル。
差し替えと変形で劇中に登場したそれぞれの形態が再現できます。

今回部分塗装できなかった部分。未塗装だとグレー一色です。

sb10.jpg

アブソーブシールド。
こちらはビルドストライクのシールドに新規パーツを追加して再現。

レッドとファントムグレー、イエロー、ホワイトのガンダムマーカーで部分塗装しました。

sb11.jpg
粒子吸入口の展開状態も付属。

こちらも先ほどの塗料に加え、00バイオレットのガンダムマーカーを使用。
ですがちょっと微妙な出来に・・・orz

sb12.jpg

先端のパーツを展開することでディスチャージが再現可能。

sb13.jpg
スタービームキャノン。

こちらは砲身をファントムグレーで部分塗装。
伸縮させて展開。

関節に固定するための接続基部があるのでしっかり構えられます。
平手が無いので手を添えて構えることはできませんが。

ここを部分塗装する際の注意点は展開する際に砲身の塗装がこすれやすいのでヤスリで削るなりしてクリアランスの確保をしておくといいかも。


sb14.jpg
ビームサーベル。

ビルドストライクに付属したものと同じ形状ですが、クリアパーツの関係でフルパッケージのものよりピンクに近く、明るい感じに。


sb15.jpg

ビルドストライクガンダム フルパッケージと比較。

ビルドストライクガンダム本体は足装甲と武装以外特に変更点は見当たりません。

sb16.jpg

ユニバースブースター。

こちらは単品販売のプラフスキーパワーゲート版です。

スタービルドストライクとセットになっているユニバースブースターと同じで、使用するシールも同じです。

なので、相違点は付属するエフェクトのみ。

sb16.jpg
全体をぐるりと。
sb17.jpg

sb18.jpg

羽が印象的だったビルドブースターに比べてシンプルなデザインに。
コアランダーやF90のコアファイターっぽい雰囲気。

sb19.jpg
差し替えでプラフスキーパワーゲートが再現。

クリアイエローのエフェクトで、少し可動するので動きも付けられます。

sb20.jpg

クリアパーツを取り付けるときはピンク色のパーツを外して装着。

そしてスタービームキャノンを組み立てる際は、画像のグレーのジョイント部分にある突起部分。

ここを差し込むことでキャノンが固定されるので、組み立ての際はうっかり切らないよう注意。

私はこのブースターで片方やってしまいました・・・。

sb21.jpg
プラフスキーウイング展開。

エフェクトはクリアブルーで成形されてます。

V2ガンダムやデスティニーガンダムにあったような光の翼みたいな形状。

sb22.jpg

こちらもクリアパーツを外して差し替えで再現。

sb23.jpg

外したパーツは付属のスタンドに取り付けられます。こうした紛失防止対策は嬉しいですね。

sb24.jpg

ウイングを展開していても可動範囲は特に変化なし。

ライフルも構えられます。

sb25.jpg

別パーツの使用で羽の一部を足などにも装備可能。

クリアパーツ部分の好きなところに羽を装着できるので2個買いしてエフェクト祭りとかできそうです。

sb26.jpg

sb27.jpg
プラフスキーパワーゲートのエフェクトも取り付けるとすごい豪華に。

では、ちょいとアクション。

sb28.jpg

sb29.jpg

sb30.jpg

sb31.jpg

sb32.jpg

sb33.jpg

以上、HG スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイングでした。
エフェクトを揃えるために単品販売のユニバースブースターも買いましたが、エフェクト全部つけると圧巻です。

ビルドストライク元々の出来が良いので素組みでも組み立てやすい仕様。
なので組み立てやすさは変わりません。

エフェクトを全部再現となるとどうしても単品のユニバースブースターの方も一緒に買わないと行けませんが、やる価値は十分にあると思います。 

プラフスキーウイングを展開したときの豪華さがいいですね。可動範囲も特に変化はなく、肩が上にちょっと上がりにくい程度。

紛失防止対策が施されているスタンドが付属するのもいいですね。
ブースターを組み立てる際は、キャノンの接続基部にある固定用突起部分を間違って切らないよう注意しましょう。

ケンプファーアメイジングもそうでしたが、非常に遊びやすいガンプラでした。

欠点は素組みだとシールが足りないところですね。
シールのみだとシールドの色が足りず、なんか安っぽい。

塗装すればいいじゃんと言ってしまえば終わりなのですが、スタービームキャノンのような塗装がこすれやすい部分もあるので、塗装剥がれ注意個所がちらほら。

今回ホワイトが切れて部分塗装できなかったスタービームライフルですが、部分塗装する際はガンダムマーカーのホワイトは乗りにくいので筆塗りかスプレー塗装をした方がいいかもしれません。

部分塗装が必要な箇所もさほど難易度が高いわけでもないので、丁寧にやっていけばいい具合に仕上がります。
余裕があればぜひ挑戦してみてください。

あと撮影はしておりませんが、ユニバースブースターはRGストライクガンダムや、その他HGのアカツキガンダムやストライクガンダムなどに装着可能です。

是非お試しあれ。

ではまた〜。






関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック