FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

M.S.G(モデリングサポートグッズシリーズ) へヴィウェポンユニット メガスラッシュエッジ

2014.02.07 (Fri)

みなさんこんばんわ。

本日はコトブキヤよりM.S.G(モデリングサポートグッズシリーズ) へヴィウェポンユニット メガスラッシュエッジです。

ヘヴィウェポンユニットの新武器がリリースされました。
今回はスラッシュエッジ。クリアパーツ成形の刃が使用されています。

これまでのヘヴィウェポン同様なかなかの重量感溢れる武装となっておりました。

フレームアーキテクトの手首が緩くなってしまったので今回はガンプラに持たせております。
では続きからどうぞ〜。
he2.jpg
分離することで別の武器に組み替えられます。

まずはロングソード。
ビーム刃がクリアグリーン。


he3.jpg
グリップは折りたたみ式のものが伸縮して現れます。

HGでも持たせられますが、ちょっと緩いかもしれません。


he4.jpg

仕様上ロングソードは二本。

合体してなくてもロングサイズです。

he5.jpg

ガンプラにも持たせられますがこの形態でも少し重いので腕がへたれないよう注意。

he6.jpg
ショートアックス。
グリップが折りたたみで展開することで手持ち武器に。

こちらもビーム刃がクリアグリーン。

he7.jpg
こちらも仕様上二つ付属。

ロングソードに比べて軽いので持たせやすいです。

HGガンプラでも持たせられますが、それでも緩め。
やっぱりフレームアームズシリーズの方がしっかり持たせられるかなと。

he8.jpg
ブラスターモード。

ライフルユニットにロングソードとショートアックスユニットを合体させることで銃になります。

もちろん分離して単体のライフルユニットにすることが可能です。

he9.jpg

グリップが可動するので銃の向きを変更できます。

he10.jpg

アローモード。

ブラスターモードから組み替えて変形。

ブラスターに比べてシルエットが大きいです。

he11.jpg

この状態でクリアパーツを取り付けて弓のように構えることも出来ますが、重すぎてガンプラだと若干危ないのでやめておきました。

he12.jpg
グリップの向きを変えることでボウガンモードに。

こちらのほうがガンプラでも安定して構えられますね。

he13.jpg
セイバーモード。

武器を合体させてクリアパーツを全部取り付けます。

重いです。

ですが重量感のある巨大武器と化します。


he14.jpg
クリアパーツを外して待機状態にすることが可能。

he15.jpg

重いのでガンプラだとポージングに苦労しますが、3mmの軸穴がある機体なら腕に取り付けて装備することもできそうです。

he16.jpg
以上、M.S.G(モデリングサポートグッズシリーズ) へヴィウェポンユニット メガスラッシュエッジでした。


ヘヴィウェポンユニットの新作。さすがのボリュームでした。
ロングソード、ショートアックス、ライフルと分離させてもしっかり武器として機能し、合体させればボウガンや巨大なセイバーになるびっくりウェポン。
ビーム刃がクリアグリーンでとても綺麗。
その上3mmジョイントなので、軸穴のサイズが合えば他の武器や機体にも合体できちゃうので発想次第で楽しみの幅が広げられます。

ボリュームがあって楽しいのですが、フレームアームズに持たせてもちょっとセイバーモードが持たせにくいですね。
ユナイトソードのような手持ち用の柄があってもよかったんじゃないかと思います。
見た目はカッコいいけど使い勝手ならユナイトソードやスパイラルクラッシャーの方が上かもしれません。

それとフレームアームズ以外のプラモに持たせようと思うのであれば機体をちょっと選ぶかもしれません。今回はガンプラに持たせてましたが大型武器なので保持力が足りず腕がへたれる可能性大なので装備させる時は注意。
figmaやリボルテックなどのアクションフィギュアに持たせる場合も、ロングソードやショートアックスなどの分離時の武装ならなんとか持たせられますが、セイバーモードのような大型の状態だとそのまま持つことは難しいのでオススメしません。

とまあここまで色々言いましたが、クリアパーツとセイバーモードのカッコよさ、組み替えで応用が出来そうなところはさすがM.S.Gシリーズ。複数買って超大型武器を作るも良し、3mmジョイントを駆使して他のヘヴィウェポンユニットと組み合わせて楽しむも良しの楽しい武器になりそうです。

次は何が出るのか楽しみですね。

ではまた〜。














関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック