ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「俺は・・・俺は・・・死なないっ!」HGAC ウイングガンダムゼロ

2014.03.08 (Sat)

みなさんこんばんわ。

更新が遅くなりました。
今回はHGAC ウイングガンダムゼロです。

TV版のウイングガンダムゼロがHGシリーズにリリース。
広い可動範囲と変形ギミックを備えています。

今回はスミ入れ+部分塗装+つや消しの簡単仕上げです。

では、続きからどうぞ〜
wz2.jpg
正面。

胸のサーチアイはクリアグリーン。
TV版のデザインそのままです。

wz6.jpg
マシンキャノンは差し替えで展開状態に。

wz3.jpg
横。

wz4.jpg
後ろ。

wz5.jpg

ウイングは展開が可能。
横には可動しますが、上下には可動しません。

wz7.jpg


肩アーマーはバーニア展開できます。
これは過去のゼロにもありましたね。


wz8.jpg
ビームサーベル。
二本付属。
サーベルの色はクリアグリーン。

サーベルは肩にそのまま収納できません。


wz9.jpg

ツインバスターライフル。

こちらは一部シール。


グリップが展開するので持たせやすいです。

wz10.jpg
もちろん分離させることも可能。

左腕にシールドを付けてても難なく持てます。


wz11.jpg
シールド。

今までの旧キットやMGのように腕に差し込むタイプではなく、グリップを腕に装着して装備します。

グリップが可動するので変形時やバスターライフル装備の邪魔にならないように配慮されてます。
先端の機首部分はシールです。

wz12.jpg

先端の伸縮ギミックも再現。

wz13.jpg
ネオバード形態。
wz14.jpg

ゼロの特徴的な変形も再現。
wz15.jpg

ですが旧キットでは差し替え無しの変形だったのに今回は差し替えパーツによる変形となっております。
足首を変形用のパーツに、通常の足首のバーニアを取り付けます。

バーニアが紛失しやすいので注意。


では、ちょいとアクション。

wz16.jpg
ローリング射撃も再現。
カトルの暴走シーンが再現できますね。
wz19.jpg

保持力が高いのでバスターライフルも片手で構えられます。

wz17.jpg
厳しいですが両手持ちもなんとかできましたが、オススメしません。


wz20.jpg
以上、HGウイングガンダムゼロでした。

TV版ウイングガンダムゼロがMGに次いでHGでもリリース。
しかもこちらはTV版のデザインそのままという嬉しい仕様。

スタイルは肩が大きい気がしますがTV版のイメージを壊すほどでもないのでスタイルはかなり良好。
価格もお手頃なのもいいですね。

欠点はというとまず引き出し関節。肩の引き出しのPCパーツが奥まですぼまってしまうことがあるので、腕が外れやすくなってしまいます。

もう一つは持ち手。DXのようなトリガーに指をかけた持ち手が欲しかったところ。
持ち手の種類がもう少しあればいいなと思いました。

あと惜しかったのは変形ギミック。変形できるのは嬉しいのですが、旧キットは差し替え無し変形だったのに最新キットで差し替えになってしまったのがちょっと残念。

ですが全体的にはすごく良い出来でした。マシンキャノン部分は無塗装だと青いままなのでグレーなどで部分塗装すると見映えが良くなります。

ではまた〜。




コメント返信
>リアーキPさん

ご無沙汰しております。
特別な気分のやつはpixivで大量発生してて面白かったので私もちょっと乗ってみました。
フィギュアでカップルって意外と揃いませんよね。

うちのBボタンは壊れてるのでウッディの進化が止まらなくなりましたw



















関連記事

コメント

No title
ゼロはウイングと違ってしっかりマッシブですね!
これはかっこいい・・・!
肩は確かに妙に張ってますが、
それを除けば私の中で理想系のゼロな気がしますw

管理者のみに表示

トラックバック