ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「俺は天の道を往き、総てを司る男・・・」S.H.Figuarts :仮面ライダーカブト ライダーフォーム(リニューアル版)

2014.03.28 (Fri)

みなさんこんばんわ。

本日はSHF 仮面ライダーカブト ライダーフォームです。

今回のSHFカブトはいわゆるリニューアル版で、可動範囲はもちろん、旧SHFカブトで言われていた劇中のスーツに似ていないといった欠点などが修正されています。骨格モデルを芯に造形を行う真骨彫製法という新たな製造法で作り込まれており、劇中スーツに忠実なデザインになってリリースされました。

箱もデザインが一新されており、高級感のある雰囲気になっております。

では、つづきからどうぞ〜。
kr2.jpg
正面。

TVの中から出て来たんじゃないかってくらいスーツそっくりに作られています。

カブトゼクターの塗装も綺麗。


kr3.jpg

カブトゼクターのカブトホーンは可動するようになっておりました。

しかしゼクター後部はスライドしませんでした。
さすがに無理か。

kr4.jpg

複眼の大きさもより劇中に忠実になりました。

カブトの角は硬質パーツになっております。

kr5.jpg
後ろ。


kr6.jpg
ベルトも細部までスミ入れされていました。

旧SHFカブトではベルト横にハイパーゼクターを差し込む穴があったのですが、今回は造形重視なのかありません。

kr7.jpg
旧SHFカブトと比較。

旧カブトが細身なのに対して新カブトは各部が大型化され、体格もスーツアクターさんの体躯に忠実なスタイルになっています。

新SHFカブトの方が塗装の雰囲気が重い感じです。

kr8.jpg
オプションハンド。
これまでのSHFシリーズとは違い、手首をこのようにまとめておけるように。

無くす心配が解消されましたね。

手首もそれぞれ裏まで塗装されています。

この手首をまとめておくためのブロックみたいなのはよく見ると連結式の接続基部があり分離できました。
恐らく今後のシリーズが出たときにも連結して保管できるようになるということでしょうか。


kr9.jpg

手首そのものもこれまでのSHFとは変化しています。
これまでのSHFの手首ジョイントはボールジョイントだったのですが、今回は軸関節に変更。

イメージとしてはfigmaなどのオプションハンドを想像していただけるとわかりやすいかと。

差し込み式なので交換が以前より楽になりました。

ですが手首に角度を付けたポーズが取りづらくなるという新たな欠点が・・・。

kr10.jpg
カブトクナイガン(ガンモード)。

こちらも旧版に比べて大幅にディテールアップされてます。
専用持ち手は両手分付属。
kr11.jpg

塗装が旧版と比べてより細かく施されている他、銃口までつくられておりました。

kr12.jpg

旧版との比較。

旧版はアックス部分が大きく、塗装されてない部分がいくつかありましたが、新SHFではよりきめ細かく塗装。

サイズも一回り小さめに。

kr14.jpg

クナイモード。
こちらもガンモード同様に大幅に変化しています。

kr13.jpg
塗装はもちろん、刃の造形も劇中のものに忠実なデザインに。


kr16.jpg


持ち手の保持力も高いのでポロ落ちもしにくい仕様に。

kr15.jpg

クナイモード用持ち手でアックスのように持つことも可能。

では、ちょいとアクション。


kr17.jpg

kr18.jpg


kr19.jpg
胸部アーマーも独立して可動するので躍動感あるポージングが可能に。

すごい。

kr20.jpg
CORカブトエクステンダーに乗せてみる。

可動範囲が広くなったとは言えやっぱりCOR用では腰が浮きがちになってしまいますが、旧版よりは自然に乗れました。

ですが武器用持ち手でハンドルを握らせると保持力低下を招きかねないのでご注意ください。

kr21.jpg

キャストオフ
kr22.jpg
同時発売の魂インパクトエフェクトと。
旧版より前屈みになって座れるのでバイクで疾走するシーンができました。

kr23.jpg

kr24.jpg

kr25.jpg

流れるような動きで敵の動きをかわして反撃する動きがカブトはかっこよかったですね。
kr26.jpg

kr27.jpg


kr28.jpg

kr29.jpg
ONE TWO THREE

kr30.jpg

kr31.jpg

kr32.jpg
RIDER KICK

kr33.jpg
ライダーキックのポーズもこの通り。
スタンド無しでもこの安定性。


kr34.jpg
必殺技を決めた後の天を指すポーズ用の手首も付属。
こちらは旧版と比べて指に表情が付いています。

以上、SHF仮面ライダーカブト リニューアル版でした。

仮面ライダーカブトがSHFでリリースされたのが初期頃のSHFだったので、まだ技術が固まってなかったのもあって劇中のデザインと比べて似てない箇所が多めという欠点があったのですが今回のリニューアルで見事に取り返してくれました。

驚いたのは可動範囲の進化。腹部と背部の可動が別個に設けられているので前屈や後屈もこなせるようになっていました。
膝立ちや天の道を往くポーズはもちろん、ライダーキックのポーズも楽々こなせるが素晴らしい。
雑誌やHPでも触れられてましたが、ほんとにどのポージングをさせてもシルエットが崩れない関節でした。

でも手首関節が軸に差し込むタイプの手首関節になったので、旧SHFでできた手首に角度を付ける動きができません。
ブロックに差し込んでまとめられるのは良かったですが。


他の付属品では、取扱説明書の他にイメージ写真や開発スケッチなども同封されているのでそちらも必見です。

総じてすばらしい出来だったので仮面ライダーカブト好きなら是非手に取って欲しいSHFでした。
動かしていて技術の進歩を感じさせてくれます。


それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック