ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

Figure-rise 6 仮面ライダーカブト

2014.04.03 (Thu)
kfs1
みなさんこんばんわ。

今回は3月に発売された Figure-rise 6シリーズより、 仮面ライダーカブトです。

Figure-rise 6 シリーズではバーナビーやブラック・ロータス等がプラキット化されましたが、今回仮面ライダーから二人が参戦。

そのうちのひとつである仮面ライダーカブト。
SHFと違い組み立てる必要があるものの、マスクドフォームが再現されてます。
また、ダークカブト再現用のパターンシールも用意されている素敵仕様。


今回は素組みです。

ではつづきからどうぞ〜

kfs2
まずマスクドフォームから。

正面。

素組みなので塗装されていない部分がありますが、そのままでもカラフルな仕上がりに。

複眼はクリアブルーですごく綺麗です。
kfs3
ベルトやカブトゼクターも再現されています。
カブトゼクターもセブンダイヤルカバーが展開されていない状態になっています。

kfs4
肩にはゼクトのロゴとカブトのマークがシールで再現。

余白もないので綺麗に貼れます。


kfs5

横。
マスクドモード時のオプションハンドは少なく、クナイガン用持ち手と左の握り拳のみです。

kfs6
後ろ。

マスクドフォームのがっちりした体格が再現されていますね。

kfs7
カブトゼクターはキャストオフとプットオン時を再現できるように、セブンダイヤルカバーが開いた状態と閉じた状態が2種と羽が展開する飛行形態が付属します。

ホーンはどの形態も可動。
kfs8

飛行形態は羽を開くとこんな感じ。

羽は小さいので組み立てる時に紛失注意です。

kfs9
カブトクナイガン。

シールで再現。完全に色分けはされていませんが、シールだけでこの再現度。

アックスで持たせる場合は差し替えで刃部分にアックスパーツを取り付けます。

刃が無い状態だとちょっと頼りないので付けっぱなしにしてます。

kfs10

次はライダーフォーム。
正面。
kfs11
横。

kfs12
後ろ。

肩が若干撫で方に見えますが、全体を見回してみると、SHFに負けないレベルで劇中のスーツに忠実なデザインです。


kfs13
ゼクトマイザー。

劇中では出番が少なかった武装ですが、コレが付属したのは嬉しいですね。

展開時のみしか付属しておりませんが。

マイザーボマーは同サイズで再現されており、マイザーから着脱可能です。
小さい部品なので紛失に注意。

専用持ち手に差し込むことで手に持たせられます。右手のみなので左手には持てません。

接続ピンもゼクトマイザー側なので、SHFに持たせるにはちょっと厳しいです。

kfs14

ライダーフォームでもクナイガンは装備できます。
kfs15

しかし持ち手は右のみです。

kfs16
クナイモード。

カブトクナイガンのガンモードからトリガー部分を抜いて、クナイ用のパーツに差し替えることで再現。

刃部分はシールです。

kfs17

他にはアクションポーズを支えるためのスタンドが付属。
HGガンプラなどに付属していたおなじみのベースに専用ジョイントが追加されてます。
目立たないようにクリアー仕様なのがいいですね。

ライダーフォームのオプションハンドは平手、右持ち手、天を指した状態の右手が付属します。
kfs18
SHFとの比較。

Figure-rise 6の方がSHFよりも1頭身大きいですね。各部パーツもSHFよりも大きめとなっています。


では、ちょいとアクション

kfs19

kfs20

マスクドフォームでも可動範囲は広いので、ポージングもしやすいです。

kfs21


CAST OFF


kfs22

顔パーツを一部差し替えですが、ライダーフォームの角も可動します。

なのでCAST OFFのシーンの流れも再現できます。


kfs23


CHANGE BEETLE


kfs24

kfs25
ライダーフォームになると更に可動範囲が広くなります。


kfs26
kfs27


パンチアクションも難なくこなせます。

kfs28

ONE TWO THREE



kfs29

カブトゼクターが各形態で付属するのでキックまでの流れが完全再現できますね。

kfs30

RIDER KICK


kfs31
キック再現用のエフェクトが付属します。
色はクリアイエローですが、軽いので足がへたれる心配もありません。。

ベースを使えばキックポーズも安定します。

足もかなり上がるので決めやすいです。

kfs32
エフェクトは足に挟み込むように装着します。

kfs33

以上、Figure-rise 6 仮面ライダーカブトでした。

こないだSHFを紹介したばかりですが、このFigure-rise 6 もSHFに負けないクオリティ。
マスクドフォームが再現できるので、カブトの特徴であるキャストオフが再現できます。
マスクドフォームが再現できるのはCORシリーズやS.I.C.くらいだったので、今回のプラモ化は嬉しいですね。

シールを貼るだけの素組みでも劇中のイメージに近くなるので、塗装が苦手な人でも安心。
ダークカブトにする際も、ボディや頭部の赤いパーツ部分は分離できるのでマスキングの手間も省けていいですね。。


可動範囲もSHFほどではないにしろポージングには困りません。
股関節も足を閉じるのは少し苦手っぽいですが天を指すポーズもできます。

足首の関節はPCパーツなので動かしやすいのもいいですね。
爪先は可動しないのでOPの屈んだポーズはちょっと厳しいかも。
接地性もちょっと不安定ですが、そこはベースでいくらか解消できました。

武装も一部差し替えとはいえカブトクナイガンのギミックを再現したのはすばらしいです。
武器用持ち手が右手だけしかなかったり、マスクドフォーム用のオプションハンドが右持ち手と左の握り手しかなかったのは残念でしたが。

でもSHFでは省かれがちだったゼクトマイザーも付属してますし、カブトが劇中で使用したものをほぼ持ってるのはいいですね。

マスクドフォームとライダーフォームが両方再現できる上にキック用のエフェクト、そしてダークカブト再現用のパターンシールまで付属し、素組みの出来もよくSHFより低価格で手に入るお得感のあるプラモデルでした。

カブト以外では555がFigure-rise 6 でリリースされていますが、この出来なら今後のライダーも期待できそうですね。ベルトの横に接続基部の軸穴があるので、これはもしかしたらこのシリーズでもハイパーカブトを出す予定があるのでしょうか。

それではまた〜。






コメント


管理者のみに表示

トラックバック