ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

BB戦士 戦国アストレイ頑駄無

2014.04.24 (Thu)

みなさんこんばんわ。

本日はBB戦士より、戦国アストレイ頑駄無です。

ガンダムビルドファイターズでニルス・ニールセンが使用するガンプラの戦国アストレイ頑駄無がBB戦士化。

関節の構造がレジェンドBBと同じ機構なので可動範囲が広く動かせる他、BB戦士オリジナルギミックが追加されておりました。

今回は素組みにスミ入れをしたものとなっております。
では、続きからどうぞ〜。

bn2.jpg
正面。

元の戦国アストレイがそのままSDスタイルになった感じ。

それでも頭部が他のSDガンダムに比べて大きく、肩アーマーもゴツいのはそのままです。

bn3.jpg
後ろ。
背中の鬼面シールドもSD化されていますが、HGのものに比べて大きい印象。

bn4.jpg

劇中で割れたバトルマスクは取り外し可能。

目のシールは選択式で瞳が付いたものと普通のガンダム顔のものが選べます。


bn5.jpg
bn6.jpg
オリジナルギミックで軽装形態に。

bn7.jpg
サムライソード。
劇中でもビームを切ったりしていました。


HG同様、肩に2つマウントできます。

bn8.jpg
肩鎧のアームを展開して装備することも可能。
bn9.jpg

肩のアームは軸関節ですがそれなりに動きます。

bn10.jpg
鬼面シールド。

素組みだと赤一色ですが、大型化されているので迫力ある盾になってますね。

bn11.jpg
グリップがあるのでそのまま手持ちで装備。
保持力は高め。
グリップをシールドに付けたままバックパックにそのままマウントできます。
おかげで紛失対策にもなりますね。

bn12.jpg
BB戦士オリジナルギミック。

肩鎧を鬼面シールドに合体させて全面に装備。

オリジナル形態ですが名前は記載されてませんでした。



bn13.jpg

グリップのおかげで手に持つことも可能。

bn14.jpg
基本的な構造がレジェンドBBシリーズと共通しているのでレジェンドBBから鎧や兜を装備することが可能。


ゴッド丸のを付けてみましたが、この場合ちょっとバランス悪いですね・・・。

では、ちょいとアクション。

bn15.jpg
bn16.jpg
アームは取り外して腕に装備可能でした。

bn17.jpg

アクションベースに対応しているのでベースでのディスプレイも可。

bn18.jpg
bn19.jpg
SDガンプラ同士の対決。

bn20.jpg

以上、BB戦士 戦国アストレイ頑駄無でした。

基本的な構造がレジェンドBBと共通しているので可動範囲が広く、刀を使ったアクションができたり、発売されているレジェンドBBとの鎧換装ギミックなど、小さいながらに遊びやすさが凝縮されていました。
HGでは外せなかったバトルマスクが着脱可能だったりそのまま小さくなっただけで終わらない粋な仕様。

シールは少なめですが部分塗装するだけでもかなり良くなると思います。

頭が思ったより大きく、ポーズによっては肩アーマーと干渉しやすいですが低価格でも充分楽しめる戦国アストレイ頑駄無でした。

BFのBB戦士はアナウンスがまだないのでこれで一旦止まるのでしょうか。
レジェンドBBもそろそろ続報が来て欲しいところですが。

BF本編にも登場したしそろそろレジェンドBBでフルアーマー騎士ガンダムとか発売してくれないかなーなんて思います。


それではまた〜。















関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック