ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「俺、強いでしょ?」S.H.Figuarts :仮面ライダーインペラー

2014.04.27 (Sun)

みなさんこんばんわ。

本日はプレバン限定から、S.H.Figuarts 仮面ライダーインペラーです。
劇中での活躍は短めでしたが仮面ライダー龍騎に登場したレイヨウがモチーフのライダー。
通販限定となってしまいましたが、無事SHF化されました。


今回はSHF龍騎シリーズなので途中figmaとの比較も混ぜていきたいと思います。

では、つづきからどうぞ〜。
ip2.jpg
正面。

素体はいつもの龍騎シリーズなので基本的な可動範囲と同じ。
がっしりとした体格。

ip3.jpg
胸のレイヨウの紋章もしっかりプリントされ、デッキの紋章もモールドまで再現。
デッキは取り外せます。

ip5.jpg
後ろ。

ip6.jpg
figmaと比較。
SHFとfigmaは身長差はそれほどありません。

色調はSHFの方が濃いですね。
胸の紋章はfigmaの方が大きめにプリントされています。
よく見るとガゼルバイザーもfigmaの方が大きめですが、SHFはカード装填ギミックがあるので横から見るとSHFのバイザーは厚みがあります。

龍騎SHFとfigmaを比較の際いつも言ってますが、スマ−トなスタイルがfigma、がっしりとしたスタイルがSHFですね。

ip7.jpg

横にならべてみるとSHFの方が頭部の造形がfigmaよりやや大きめですね。

ip8.jpg
アドベントカードは3枚付属。

ギガゼールのモンスターカード、ファイナルベント、スピンベントがそれぞれプリントされています。

劇中で使用したカードが揃っているのはさすがSHFですね。

ip9.jpg
カード用持ち手があるのでいつものようにカードを持つことが可能。
カード用持ち手はインペラーは右手のみ。
保持力は高めで、持たせてもカードが手からすっぽ抜けない程度にしっかり持てます。

ip10.jpg
ガゼルバイザー。

複雑な模様も塗装されています。

ip11.jpg
もちろんカード装填ギミックがあります。
膝を曲げてカードを装填するポーズが再現できます。

ですが、奥まで入れすぎるとカードが取り出しにくくなるので注意。


ip12.jpg
ガゼルスタップ。
インペラーの唯一の武装ですね。

ギガゼール頭部が武器になったもの。
ドリルの先まで塗装が行き届いています。

ip13.jpg
figmaと比較。
どちらも塗装の彩度は素晴らしいです。

サイズはどちらも同じくらいですが、SHFの方がやや太く鋭くなっています。

ip14.jpg

他にもオプションとしてインペラーの紋章をプリントした魂ステージが付属。

これは嬉しい。

ip15.jpg
ミラーモンスターズのギガゼールと。

ミラモンのギガゼールも大きめのサイズなので意外と違和感なく並べますね。


では、ちょいとアクション。
ip16.jpg

オプションハンドは龍騎SHF同様の持ち手と平手が付属する他、変身ポーズ時の手首が両手分付属します。


これは嬉しい。

ip17.jpg

ip18.jpg

ip19.jpg
ここでタイガとタッグを組んで龍騎を倒そうとするも・・・
ip20.jpg

デストワイルダーに引きずり回されてタイガに刺されてしまいます。


その後インペラーを逃がそうとする真司くんマジ聖人。

ip21.jpg
「何考えてんだよアイツ!?」

ip22.jpg

ip23.jpg

逃げた先に王蛇が・・・・

ip24.jpg

結局王蛇にとどめを刺されてしまい、デッキを破壊されてしまうのでした・・・。

まさに泣きっ面に蛇。


ip25.jpg
せっかくなのでファイナルベント

ip26.jpg

FINAL VENT



ip27.jpg

ギガゼール一匹しかいなくて寂しいですが。

ip28.jpg


ip29.jpg
ip30.jpg

ip31.jpg

ライダーキックが飛び膝蹴りとライダーの中ではけっこう珍しい必殺技でしたね。

ip32.jpg


最後はタイガと。

以上、SHF仮面ライダーインペラーでした。

SHFの出来は安定の龍騎シリーズ。足がダイキャストなので片足立ちも安定させやすいです。
魂ステージがあるのもグッド。
カードも劇中で使用したものが付属します。

ガゼルバイザーの上部が膝アーマーのように接続されているので、そこのポロ落ち対策をしておくと良いかも。

figmaと比較した総評ですが、インペラーの場合可動範囲と接地性の高さ、ギミックならSHFの方が上ですね。
スタンド無しでも片足立ちが安定するのはすごいと思います。

造形に関してはどちらも同じくらいよく出来ていますが、頭部の造形ならfigmaの方がスーツに似ているかなと感じました。
figmaは安定したスタイル、武装、動かしやすさ、何より塗料の塗膜が強いのでSHFより塗装剥げしにくいところが強みだと思います。


今回のSHFインペラーは総じて出来が良かったですが、左のカード用持ち手とかオプションパーツに割れたデッキとか欲しかったなー。
でもファンにはうれしいSHFでした。

龍騎本編中での彼の最期はとてもかわいそうな死に方でしたが、ドラゴンナイトでは龍騎に初めてベントされたライダーで、タイガとのコンビネーションが見れたりと原作とは違った見所がありました。

さて、残る龍騎ライダーはファムですね。

SHFの女性ライダーや怪人は既になでしこやメズール、電波人間タックルなどが立体化されていますので、ファムも期待できそうですね。そういえばキバーラっていつSHF化されるんだろうか・・・・。


それではまた〜。












関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック