ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「俺がガンダムだ・・・」 RG ガンダムエクシア

2014.05.01 (Thu)

みなさんこんばんわ。

発売から紹介が遅くなりましたが今回はこちら、RGエクシアでございます。

「ガンダム00」1stシーズンの主人公機。ソレスタルビーイングのガンダムで、近接戦闘を得意とするガンダム。

劇中ではパイロットの刹那・F・セイエイとともに名言(迷言)を残しつつ活躍していました。


今回めでたくRG化されたエクシア。可動範囲はもちろん、ホログラムパーツのよるGNケーブルの再現やメッキ仕様になったGNソードなど、旧HGより格段にボリュームアップされています。

今回は素組みにスミ入れを施したものとなっております。

では、続きからどうぞ〜
re2.jpg
正面。

GNコンデンサーはクリアグリーンで再現。

首元のグラビカルアンテナは可動します。


re3.jpg

横。
腕と足のGNコンデンサーもクリアパーツ。

よく見ると中のシールの文字が見えるようになってます。



re4.jpg

後ろ。

re5.jpg
GNドライブはコーンが展開すると中のクリアパーツが露出します。


GNドライブは取り外し可能ですが、一度付けると外れにくい仕様なので外す際は慎重に行いましょう。

re6.jpg
足や肩、頭部、腕にあるGNケーブルはホログラムパーツとなっており、下地に付属の銀シールを使うのでいい感じにキラキラしています。


re7.jpg
オプションハンドは平手、可動タイプ、武器固定用持ち手が両手分ずつ付属。

可動タイプの手首でも武器は持てますが、武器固定用持ち手の方が安定します。



re8.jpg
変色がひどいですが旧HGとの比較。
最初のHGエクシアは付録アストレアに使ってしまったので画像のはGNアームズ版のエクシア。

HGエクシアは発売当時も広い可動範囲を誇っておりましたが、RGを見るとその進化ぶりが見てとれますね。



re9.jpg

re10.jpg

GNシールド。
収納状態と展開状態を再現できるように。

HGの頃と違いシールではなく色分けされている他、グリップの取り付ける位置を変えることができます。

ですがPC接続ではないので回転しません。

ちょっと取回しづらいです。

re11.jpg
re12.jpg

GNソード。

銃口が四角くなりました。
グリップやアダプターも広く可動するようになったので持ちやすくなっています。

RGのフレームも固めなので構えてても今のところへたれておりません。

re13.jpg

もちろん展開も可能。
GNソードの刃はメッキパーツに。

キラキラしてます。


re14.jpg

re16.jpg

GNビームダガーとGNビームサーベル。

ビーム刃はしっかり長短2つ分付属。

re15.jpg

re17.jpg

サーベルラックはそれぞれ可動するので広い可動範囲を生かして抜刀アクションもできます。

re18.jpg

re19.jpg

GNロングブレイドとGNショートブレイド。
HGの頃よりシャープになってます。

こちらもGNソード同様に刃がメッキパーツ。

re20.jpg
腰の関節からこのようにジョイントを展開することで腰にマウントできます。

re21.jpg
HGの時もマウントはできましたが、RGではこのようにHGで欠点だったポロ落ち問題を解決しております。

ただ固定されるのでアクションさせるときはちょっと邪魔ですが。
re22.jpg
RGエクシアのスケールに合わせた刹那のフィギュアが付属。

GNアームズに付属したロックオンのフィギュアと比べて細かくなってます。


では、ちょいとアクション。

re23.jpg
ベース用ジョイントがあるのでアクションベースでディスプレイ可能。


re24.jpg

re25.jpg


re26.jpg


re27.jpg

re28.jpg
ベース用ジョイントパーツはHG GNアームズに対応しているのでそのまま取り付け可能。

GNアームズも当時では出来の良い大型アイテムだったのでRGの出来の良さと相まって大迫力です。

re29.jpg
以上、RG ガンダムエクシアでした。

可動範囲はもちろん、GNソードなどの刃メッキ化、GNケーブルのホログラムパーツ、GNコンデンサーのクリアパーツなど、綺麗にまとまっていて豪華な仕様でした。
アクション性は高いのでセブンソードを余すところなく楽しめます。

ベース用ジョイントでGNアームズとそのまま合体できるのは嬉しかったですね。

注意点はGNブレイドをマウントさせている時に足の可動に干渉してしまう点。
HGの時みたいなポロ落ちは解消されていますが、やっぱり動かしてて邪魔になりますので、動かすときは一旦外しておきましょう。

もう一つは腰のフロントアーマー。足の可動が広く横に広げられるのは嬉しいのですが、フロントアーマーが微妙に厚くなっているので干渉して足があまり前に出せない点。

これは動かしてて残念に思いました。

注意点はこれくらいです。

リアリスティックデカールもソレスタルビーイングのマークがあったり、カメラアイのシールも種類が分かれていて好みに合わせられる素敵仕様。

エクシア好きにオススメできる嬉しいRG。


さっそくプレバンでトランザム版やエクシアリペア再現パーツが受注受付していますが、私は買わないかな・・・。

次のRGはなんとシャア専用ズゴックだそうで、そちらも楽しみです。


それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック