ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

S.H.Figuarts :オートバジン&仮面ライダー555セット

2014.05.24 (Sat)

みなさんこんばんわ。
一週間ぶりの更新となってしまいましたが、今回はプレバンから、SHFオートバジン&仮面ライダー555のセットです。

変形ギミックを備えたSHFオートバジン、そしてファイズアクセルを装備した状態の仮面ライダー555がセットとなっており、オートバジンにはバイク用の握り手が両手分追加されております。

それでは、続きからどうぞ〜。
at2_20140524183323e50.jpg
まずオートバジンから。

正面。
胴体のボタンはクリアパーツです。

この状態でもしっかり立ちます。

at3_201405241833238c9.jpg
後ろ。

後輪は背中の凸部分に差し込むことでロックできるので後ろにだれないようになってます。

at4_201405241832582f9.jpg
胸や肩のロゴもプリントされています。

at5.jpg
バイザーは可動。
内側のセンサーも再現。

at6_20140524183257fd0.jpg
バスターホイール。
at7_20140524183256e8e.jpg

前輪のシャフトをグリップパーツに差し替え、持ち手に装備。

持ち手は変形時にも使うので両手に装備可能です。
この状態でもホイールが滑らかに回転します。
at9_20140524183255e97.jpg
他には平手が両手分付属。

at8_2014052418325512f.jpg

可動範囲は広く、背中の後輪のロックを外すことで少し腰が回ります。

at10_201405241832094ad.jpg

SRHF版オートバジンとの比較。
SRHFのサイズは元々大きかったのですが、こうして並べて見るとやっぱりSHRFの方が大きいですね。

at11_20140524183209bc8.jpg
ビークルモード。


変形させることでバイクに。変形時は頭部をビークルモード用に差し替えます。
普段はこの形態で555を乗せて走ってます。

SHRFと違ってダイキャストパーツを使っていないので変形時に破損注意。

at12_20140524183208a3b.jpg

横。

at13_20140524183208bd3.jpg
後ろ。

しっかりバイクになってます。

at14_20140524183206500.jpg

後輪にはビークルモード用補助パーツを使用します。

これで後輪がマフラーに当たって塗装が剥げたりしなくてすみますね。

at15_20140524183206fc7.jpg
エンジン部分もしっかり再現。
塗装も細部まで行き渡っています。

at16_201405241831186a0.jpg

at17_20140524183117d42.jpg
SHRFと比較。

どちらも変形を完全再現していた代物ですが、SHRFのオートバジンは10年前の玩具とは思えないくらいギミックが充実してるフィギュアでしたね。

SHFオートバジンはバトルモードへの完全変形が再現されてる上にアクションが出来るようになっています。

at18_20140524183116c55.jpg

ビークルモードにはSHFのライダーバイクにいつも付属しているクリア台座も付属。

色移り注意。

at19_201405241831165a2.jpg

また、オプションとして、劇中で登場したベルトを収納していたケースが付属。
スマートブレインのロゴまでプリントされています。

専用アタッチメントパーツを装着することでバイク後部に取り付けられます。

at20_20140524183115239.jpg
ケースは開閉します。

中にはファイズギアを収納できるようなディテールがありますが、それはちょっと不可能でした。

at21_20140524183114223.jpg
次はセットの仮面ライダー555(ファイズアクセル装備版)。
正面。
at25_2014052418295778d.jpg

塗装は通常版に比べて黒が艶消しブラックで落ち着いた印象。
ですが複眼のフチのシルバーまでは塗装されていませんでした。

at22_20140524182959179.jpg
後ろ。

at23_20140524182958356.jpg
横。

左腕にファイズアクセルが装備。

at24_201405241829582d4.jpg

ファイズアクセルはメモリ無し状態とメモリ有り状態がそれぞれ付属。

at26_20140524182956135.jpg
武器やドライバーの形態、オプションハンドなどは通常版と同じ。

しかし手の指先の銀まで塗装されています。

これは素晴らしい。


at27_2014052418295688e.jpg
可動範囲も通常版と変化ありません。

at28_201405241828490e5.jpg
オートバジンの用の持ち手が付属するので、バジンにもしっかり乗せられます。

バイク用の持ち手はもちろん通常版のSHF555にも流用可能。

at29_20140524182848009.jpg
元々可動範囲が広いので腰が浮くこともなく安定して乗れます。


では、ちょいとアクション。


at33_20140524182848b3f.jpg
オートバジンが重いので安定させにくいですが、魂ステージで飛行ポーズができました。

at30_20140524182847e2b.jpg

at31_20140524182846038.jpg

バトルモードに変形してオルフェノクを殴り飛ばすシーンが印象的でした。

at32_201405241828460d4.jpg
ファイズもろとも掃射(でもオルフェノクにだけしっかり命中させている)。

オートバジンはいろんな場面で活躍していますが、オートバジンと言ったらまずこのシーンを思い出す人は多いかも。

at34_20140524182730b0a.jpg
「危ねぇな!俺に当たるところだったぞ!」


サポートメカに怒る主人公。
at35_201405241827291a0.jpg
at36_20140524182728983.jpg
八つ当たり。
at37_2014052418272864f.jpg

VEHICLE MODE

at38_20140524182727c79.jpg

at39_20140524182726773.jpg

以上、SHFオートバジン&仮面ライダー555セットでした。

やっとオートバジンがSHF化してくれた上に指先まで塗装が追加されたファイズアクセル装備版ファイズまでセットになった良セットでした。
オートバジンの変形ギミックはもちろんのこと、バトルモードでも高いアクション性を誇っていたのはさすがSHFでした。

バイク形態も他のライダーバイクとのサイズがさほど変わらないのがすごい。

注意点は変形時の可動部破損、そしてビークルモード時にタイヤを回転させた時に他の部位に当たって塗装が剥げる危険があるので注意。

後輪は補助パーツのおかげでそれほど危険はありませんが、前輪は腕で支えるように持っているのでしっかり変形させないと前輪を回した時にバジンの腕部分にかすることがあります。

変形させるときは焦らず丁寧に行いましょう。
関節が固いと思ったらお湯ポチャやシリコンスプレーをほんの少し吹くのも手です。

今回ちょっと不満だったのがSHF555本体の方。

ファイズアクセル装備版が出て指先まで塗装されていたのは嬉しいのですが、足裏の塗装や顔の縁の塗装が省略されていたのが相変わらずでした。
左手用の持ち手はバイク用のものを流用すれば特に問題なさそうですが、バジンの方にケースがあるわけだし、欲を言えば収納時再現用のファイズギアとかも付けて欲しかった。

やっぱり折り畳んだ状態のファイズフォンは欲しかったかなぁ。
ちょっと不満だった点はこれいくらいです。

劇中でも最期まで555をサポートしていたオートバジンをしっかり再現してくれたのは嬉しいですね。
ファイズがSHF化されてからかなり間が開きましたが出てくれて良かったです。

ジェットスライガーやサイドバッシャーもSHF化してくれたら嬉しいですが、仮にSHF化されたとしてもとんでもない値段になりそうですね。

それではまた〜。









関連記事

コメント

No title
バジンいいですよね!
変形の恩恵で超可動しますし、
スタイルもしっかり整ってて違和感ないのが素晴らしい!
ただ、おっしゃるとおり破損や擦れが少し怖かったり・・・

それと、ファイズ本体もやっぱり若干なんだかなぁ・・・でしたね。
バジン並に力を入れてくれると嬉しかったんですがorz

管理者のみに表示

トラックバック