ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

妖怪ウォッチ プラモデル03 ブシニャン

2014.07.02 (Wed)

みなさんこんばんわ。
本日は妖怪ウォッチプラモデルシリーズから、ジバニャンの先祖であるブシニャンです。

ジバニャン同様の表情交換ギミックや兜の脱着などが再現。

今回はシール+スミ入れ+一部部分塗装です。

では、つづきからどうぞ〜。
bn2_2014070218522858e.jpg
正面。

先祖らしく昔の鎧武者のような古風なデザイン。


bn3_20140702185228f28.jpg
後ろ。

bn4_20140702185201677.jpg
腰には刀を帯刀できます。

シールをそのまま貼るだけで見映えも良いですが、空洞があるのでしっかり貼らないと剥がれやすいです。

bn5_201407021852007b4.jpg
刀はそのまま抜刀可能。

右手がそのまま持ち手になっているので、刀の溝を手にはめ込むことで持てます。

手首は回るのである程度抜刀ボーズができますね。

bn6_20140702185200cab.jpg

bn7_20140702185159c7f.jpg

頭部は差し替えで耳パーツに変更可能。

これはプラモデルオリジナルギミックです。
耳パーツには丁髷や扇子を取り付けることが出来ます。

bn8_2014070218515802e.jpg
ジバニャン同様に表情差し替えギミックが付属。
ブシニャンは食いしばったような表情です。

表情は通常のものとこれを合わせて2種付属。


ジバニャンより少ないです。

bn9_20140702185158b23.jpg
表情パーツの構造が同じなので別売りのジバニャンの表情パーツがそのまま流用可能。

ジバニャンにもブシニャンの顔パーツが取り付けられます。

bn10_201407021851110c1.jpg
台座は妖怪執事のウィスパーがモチーフになったものが付属。

こちらはシールもなく、白一色です。

bn11_20140702185110dfa.jpg
この台座にもギミックがあり、このように開きます。劇中で真っ二つにされたシーンが再現可能。

bn12_201407021851091ce.jpg
先祖、子孫とその未来の姿と並べてみる。

ロボニャンがすごい存在感を放っている・・・。


では、ちょいとアクション。

bn13_20140702185109998.jpg
にやけ顔の破壊力高いな。
bn14_20140702185108606.jpg

刀を装備しているだけでけっこう遊べます。

bn15_2014070218510784c.jpg

鎧武特典の金屏風と合わせてみたら意外とぴったり。
さすが武士。
以上、ブシニャンでした。


相変わらず出来の良いプラモ。
ジバニャンと表情の流用ができるのもいいですね。

でもブシニャンは表情が2種だけと少なめ。
表情多彩なキャラだったのであと1個分顔パーツが欲しかった。

基本的に組み立てやすい良心的なプラモデルなのですが、ジバニャン、ロボニャン同様に台座無しでは自立させにくい欠点は相変わらずでした。


シールでそのまま組み立てても充分ですが、ガンダムマーカーのゴールドやシルバーで刀や鎧を部分塗装すればもっと見映えが良くなるとおもいます。

それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック