ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

市販のアイプリントデカールを使ってfigmaのアイリペイントをしてみる。

2014.08.23 (Sat)

みなさんこんにちわ。

本日はフィギュアの紹介ではなく、市販のアイプリントを使ってfigmaの表情をアイリペイントしてみました。

今回使用したのは a-one-10 より、「mini decal for 1/12size 004 緋佳里(ひかり) type委員長」です。

このデカールシリーズはガンプラやHMMなどのデカールシールと同じ要領で貼ることが出来るので、目を描くのが苦手な人でも簡単に目が再現できるデカールです。
元々ドール用のアイプリントデカールですが、figmaにも活用できるのではと思い、今回挑戦してみました。

では、続きからどうぞ〜。
zp2.jpg
最初に言ったように、このデカールは1/12サイズに合わせて作られています。
同じ1/12サイズでも差があるので、目のサイズも大・小に分かれています。

なのでサイズ差は多少あれど、figmaの目のサイズに近いです。

また、瞳の色もオレンジ、赤、黒、茶色、緑と種類が多いのでキャラのイメージに合わせた色が使えます。
デカールには目だけでなく怒った顔や赤面、表情のついた口元などもあり、ある程度表情を作れるのすごいですね。

今回はfigma初音ミクを雑音ミクにリペイントした際にアイリペイントできなかったので初音ミクの表情パーツを使うことにしました。

リペイントした雑音ミク用なので今回はサイズは大きめの赤い瞳を使います。

zp3.jpg
実際に貼ったのがこちら。
右側がミクさんの通常顔パーツで左側が今回のデカールを使った場合。

途中経過すっとばしてしまいましたがfigmaのアイプリントを薄め液で落とし、乾かしてからデカールを貼りました。

若干ずれてる気がしますがまぁこれくらいならいいか。

本来なら貼った後に艶消しクリアーをそっと丁寧に吹かないといけませんが今私のいるところの天気は雨なので後回し。

zp4.jpg
figmaに装着。
意外と違和感なく出来たような気がするのですがいかがでしょうか。

zp5.jpg
ミクさんと並べる。

これでいつも暴走顔だった雑音ミクさんが女の子らしい顔になりました。

zp6.jpg
おまけ。今回のデカールもよかったですが、figma 秋山望美の表情パーツを使ってみたところいい感じに。
figmaのサイズが合えばこうやって表情を使い回すのもありかと思います。
ついでに頭部の髪のジョイントパーツを市販のジョイントパーツに変更しました。

zp7.jpg
以上、デカールを使ったアイリペイントでした。

a-one-10  mini decal シリーズ、非常に綺麗に出来ているので目を描くのが苦手な人でもアイリペイントに挑戦できるのはいいですね。

1セット540円と、この価格でここまで出来るのはすごい。

視線が全て正面を向いているので動きのある表情はちょっと難しいですが。
ドールにももちろん、figmaのアイプリントにも充分効果抜群ではないでしょうか。
今回使ったのは委員長タイプの目ですが、これ以外にもドジっこタイプやヒロインタイプなども売られています。

注意点として、瞳の色のバリエーションが多くあるのはいいんですが、赤やオレンジみたいに1セットにつき1個ずつしかない色があるので、失敗したらセットごと買い直さないといけません。

その上非常にデリケートなので貼るときはプリント部分を割らないように丁寧に行いましょう。





それではまた〜。



関連記事

コメント

No title
このデカールいいですね!
目なんか描ける筈ねえ!とか思ってたので、
これは便利そうです・・・!
シール貼るだけでも歪ませてしまう私ですが、
これはちょっとチャレンジしたいですw
デカールセットの、ぼんやりと開いた口がちょっと気になりましたが、
口を使おうとすると産めて削るか複製しなきゃ駄目ですよね・・・うーん・・・

管理者のみに表示

トラックバック