ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

figma CANNAN カナン

2014.09.12 (Fri)
fcn1.jpg

また更新が遅くなってしまいすみません。

今回はだいぶ前のシリーズのfigmaですが、figma CANANN カナンです。

意外にギミックが細かいfigmaでした。

では、続きからどうぞ〜。


fcn2.jpg

正面。

足が長いので身長は高め。
スレンダーなスタイルですね。

fcn3.jpg
後ろ。背中が大きく開いた服装。

背中も綺麗に作られています。
fcn4.jpg

fcn5.jpg

fcn6.jpg
表情は3種。

通常、笑顔、叫び顔の3つ。

叫び顔だけ能力使用時をイメージしているためか、瞳が赤くなっています。

fcn7.jpg

ハンドガン。

武装はこれだけです。

それでもしっかり色分けされています。

専用持ち手は右手のみ付属。

fcn8.jpg

ハンドガンは上部がスライドします。

なのでコッキングアクションが可能。

銃の上部を持つ手も付属しますが、肩回りの可動範囲が少し狭いのでやりづらいです。



fcn9.jpg
銃を構える用のオプションハンドとして銃に手を添えるタイプも付属。

しかし肩の可動範囲が少し狭いので構えるのにちょっと苦労します。
fcn11.jpg
他にはカナンの好物でもあるココアシガレットのスティックシュガーを持った手が付属。

タバコじゃなくてスティックシュガーです。

しっかり塗り分けられています。


fcn10.jpg
エフェクト。
発砲時に出るマズルフラッシュエフェクトです。

銃をスライドさせて銃口に取り付けます。
上部がスライドしているので銃にも躍動感があって見映えがいいですね。

では、ちょっとアクション。

fcn12.jpg

fcn13.jpg


両手で構えさせるより片手で撃たせた方がいい感じですね。



fcn14.jpg

以上、figma CANNAN カナンでした。

肩の可動範囲が狭く、銃を両手で構えにくいですが、銃に可動ギミックやエフェクトまで付いているすごい仕様。

こういうキャラで銃のコッキングが再現できるのは素晴らしいです。

欠点は肩回りの可動範囲の狭さと、figmaのオプションハンドの左の持ち手だけがなぜか塗装されてませんでした。

元々カナンは銃以外の武器を手に持って戦うキャラではないのでこの持ち手はおまけ程度の扱いとしてこうなったのかもしれませんが、最初見た時は不具合かと思いました・・・。

もう一つの欠点は、銃用の持ち手。ねじ込むように銃を持ち手に入れないといけないので持たせにくかったです。

持たせる時に持ち手を破損しないよう注意しましょう。


やっぱり銃を両手で構えられないのがちょっと残念でしたが、基本的なスタイルも良く、銃のスライドギミックなどが素晴らしいfigmaでした。

このサイズで銃のスライドを再現してるのには驚きでした。


それではまた〜。






関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック