ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「いざ出陣!エイエイオー!」S.H.Figuarts :仮面ライダー鎧武 カチドキアームズ

2014.09.20 (Sat)

また前回から更新に間が開いてしまいましたが、本日はSHF 仮面ライダー鎧武 カチドキアームズです。

鎧武の強化形態の1つがSHF化。

細部まで塗装が施されており、専用武器の火縄大橙DJ銃も各形態が付属。
これまでのSHF鎧武シリーズ同様に良い出来でした。

では、続きからどうぞ〜。
gkr2.jpg
正面。

オレンジアームズ時では侍っぽかったですが、カチドキは武将に近いデザインに。

gkr3.jpg
複眼はクリアパーツ。

胸の鎧武の紋章も作り込まれていました。

カチドキロックシードもクリアパーツです。


gkr4.jpg
横。
カチドキ旗にも鎧武の紋章がプリントされています。

gkr5.jpg

後ろ。


gkr6.jpg
閉じた状態のカチドキロックシード。

手に持たせられるので強化変身の流れも再現できますね。


こちらもクリアパーツです。
gkr7.jpg
カチドキ旗は差し替えで手に持てます。
手首の保持力が高めなのでしっかり持てました。

gkr9.jpg
火縄大橙DJ銃。

カチドキの専用武器。

銃口まで塗装されていました。

専用持ち手も両手分付属。

gkr10.jpg

武器用持ち手以外はオプションハンドは鎧武と同じタイプなので両手で構えることもできました。

gkr11.jpg

スクラッチしてホラ貝サウンドを鳴らすポーズも再現できました。

gkr12.jpg
銃にはベルトのロックシードをセットできます。

gkr13.jpg

大剣モード。
大剣モードも付属します。

無双セイバーとは始めから合体した状態です。

付属品は以上です。ではちょっとアクション(一部画像にはエフェクトを使用しています)。

gkr8.jpg

gkr14.jpg

gkr15.jpg

振り回して黒影トルーパーを一掃したり、映画でも使ってたりと、カチドキ旗は劇中でも使用頻度高めですね。

振るときに火の粉が散る演出が結構好きです。

gkr16.jpg

gkr17.jpg

オレンジアームズから無双セイバーを流用すればカチドキにも装備できます。

しかしSHFの火縄大橙DJ銃は大剣モードで一体化されていますし、銃形態には無双セイバーとの合体ギミックはオミットされているのでアームズチェンジシリーズのように差し込んで合体なんてことはできません。
gkr18.jpg

大剣モードもしっかり両手で持てるようになっています。


gkr19.jpg

一!十!百!千!万!!


gkr20.jpg

無量大数!


gkr21.jpg

SHF鎧武オレンジアームズ発売時に配布された初回特典に乗せてみる。

武将だけあってぴったりですね。

gkr22.jpg
オレンジアームズと。

カチドキまでくると雰囲気がかなり変わって来ますね。

gkr23.jpg


以上、SHF 仮面ライダー鎧武 カチドキアームズでした。
塗装の精度、造形の再現度などが相変わらず高いSHF。

火縄大橙DJ銃はもちろん、カチドキアームズの塗装の再現度は非常に高いです。


デザインの都合上腰回りの可動範囲が狭いですが、ベルト付近のパイプが軟質パーツになっているのである程度動き、アクションを楽しむには充分な可動範囲でした。

ロックシードはやっぱり外れやすいので紛失には注意しましょう。


無双セイバーが付属せず、無双セイバーを装備させるにはオレンジアームズから流用しなければならないのがちょっと残念ですが、火縄大橙DJ銃の各形態を再現したのは素晴らしいですね。


SHFサクラハリケーンにも乗せられなくはないのですが、フロントアーマーが硬質パーツなので龍玄の時以上に乗せづらく感じたのでバイクに乗せるのはオススメできません。
まぁ劇中ではこの形態で乗り物にほぼ乗ってないですし、初登場時だとダンデライナーの上に立ってましたしね。

早く11月の極アームズと並べたいですね。

それではまた〜。










関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック