ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGBF ビルドバーニングガンダム

2014.10.10 (Fri)


みなさんこんばんわ。

本日は今月放送開始した「ガンダムビルドファイターズ トライ」より、主人公機のビルドバーニングガンダムです。

戦闘スタイルが徒手空拳なため武器が付属しませんが、その分オプションハンドやエフェクトパーツがとても楽しいHGでした。

今回も部分塗装+スミ入れ+つや消しクリアーの簡単フィニッシュです。


では、続きからどうぞ〜。
bfb2.jpg
正面。

メインカラーはビルドストライクと違って白と赤を基調としていますね。

首元、肘、脛にクリアパーツが使用されています。

カメラアイはラメパールライトブルーで塗装しました。

bfb3.jpg

後ろ。バックパックは背中のランドセルのみ。

bfb4.jpg

胴体は関節が広く作られており、前に引き出せるようになっています。

bfb5.jpg
肘は二重関節で大きく動き、なんと手首まで曲がるように。

bfb6.jpg

bfb7.jpg

拳だけでなく、平手や貫手にも可動軸が設けられているのでオプションハンドも大きく動きます。

手を合わせられたのはビックリでした。


bfb8.jpg

また、武装は付属しませんが武器用の持ち手が付属。

トリガーに指はかけられませんがビームライフルやビームサーベルなどの武装を持たせることが出来ます。

bfb9.jpg

そしてカスタムジョイントが付属。
これを背中のランドセルに取り付ければビルドブースターなどのバックパックを装備できるようになります。

ガンプラならではの楽しみ方ができますね。
bfb11.jpg

bfb10.jpg

ボディのクリアパーツは差し替えでオレンジに変更可能。

劇中の発光シーンが再現できるように。

bfb12.jpg

bfb13.jpg

背中の炎エフェクトも付属。
この炎エフェクトには可動軸が設けられているので動きに合わせて向きを変えられます。
bfb14.jpg

bfb15.jpg

炎エフェクトは腕用も付属し、専用手首に取り付けることでパンチエフェクトとして使用可能。

劇中で見せた次元覇王流聖拳突きが再現できます。


エフェクトの取り付け方はLBX イフリートみたいな感じですね。


炎のエフェクトには拡張パーツが付属し、長さが調整できて燃え上がっている雰囲気が出せます。

bfb16.jpg
エフェクトそのものはそれほど重くないので付けたままアクションも可能。

bfb17.jpg

炎エフェクトは足用も付属。
bfb18.jpg
足の溝にはめ込むことで取り付けられます。

こちらのエフェクトは腕用よりも大きめです。

こちらにも拡張パーツがそのまま取り付けられ、より動きの付いたエフェクトにできます。

付属品は以上です。

では、ちょいとアクション。

bfb19.jpg

bfb20.jpg
次元覇王流聖槍蹴り!


bfb21.jpg

腕用のエフェクトは二つ付属するのでダブルビルドナックルみたいなこともできます。

bfb22.jpg

bfb23.jpg
次元覇王流疾風突き!


以上、ビルドバーニングガンダムでした。

徒手空拳で戦うので武器は付属しませんが、ビルドストライクを越える可動範囲とオプションハンド、エフェクトなど非常に充実していました。

体のクリアパーツがクリアブルーとクリアオレンジの両方付属し、エフェクトも派手で表情も付けやすく遊び甲斐のあるHGでした。

色分けも綺麗にされており、部分塗装したのはカメラアイと足のグレー部分のみ。そのまま組み立てても合わせ目が目立たないのは凄いですね。

パーツもそこまで多くないので初心者にも組み立てやすいキットだと思います。

注意点は肩が外れやすい点、そして差し替えの関係で肘のクリアパーツがポロ落ちしやすいので無くさないようにしましょう。

それではまた〜。

コメント返信

>UFハルさん
リナーシタの完成度はとても高く、少し手を加えるだけでも凄く綺麗に仕上がりますよ。
ガーベラと合わせてコブラツイストさせたかったのですが、ガーベラの可動範囲がそこまで広くないので出来ませんでしたw

写真には撮っていませんが、メテオホッパーに乗せても面白いですよ。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック