ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGBC パワードアームズパワーダー

2014.10.12 (Sun)

みなさんこんばんわ。

本日はHGBC パワードアームズパワーダーです。

長さが差し替えで調整でき、重火器が付属し、なおかつ広い可動範囲を持ち合わせているサポートウェポン。

パワードジムカーディガンのものと一部同じですが、シールドが付属しない分ガトリングガンやミサイルなどが追加されています。

では、つづきからどうぞ〜。
ppa2.jpg
まず武装から。

大型ライフル・ガトリング・ミサイルが付属。

それぞれの武器が差し替えで変更できるようになっています。

大型ライフルはパワードジムカーディガンのものと同じ。

ppa3.jpg
ガトリングガン。二つ付属。
ppa4.jpg

差し替えで発射状態が再現可能。

3mm軸なので腕にシールドを付けるタイプのガンプラなどにそのまま取り付けられます。

軸のサイズが合えば腕だけでなく足や肩などにも装備できるかと思います。

※パワードジムカーディガンと同じと書いてしまいましたが、確認したら少し違っていました。
こちらの方がパワードジムカーディガンのものより少し小さめです。

ppa5.jpg
ビームマシンガン。
こちらもパワードジムカーディガンのものと同じ。

シールが付属しないのでスコープ部分もグレー一色。

フォアグリップは可動します。

ppa6.jpg

ppa7.jpg

バックパック。

アームジョイントが4つ。
このアームに武装を付けることでパワードアームズパワーダーに。

アームは接続ジョイントがあるので差し替えで長さの調整も可能。

ロック機構のようなものがあるのでアーム収納時に武器の重さでジョイントがへたれる心配もほぼありません。

ppa8.jpg

ジョイントパーツ。

ビルドカスタムシリーズ恒例ですね。
これを使うことでそのまま取り付けられないガンプラにもある程度対応できるようになります。

パワーダーに付属するカスタムジョイントはこれのみです。


ppa9.jpg
ビルドバーニングガンダムに装備。

ビルドバーニングにはそのままランドセルに取り付けられました。

カスタムジョイントパーツはそのままバックパックの後部に取り付けられるのでジョイントが余らなくて済みますね。

一見重そうですが、それほど重くありませんでした。


ppa10.jpg

ガトリングガンも装備。
ビルドバーニングだと軸穴が浅くてそのまま入りきりませんでしたが、これを装備することでアレックスのような腕部ガトリングが楽しめますね。

ppa11.jpg
横のアームジョイントはそれぞれ大きく展開できるので自由度が高いです。

先端にガトリングやミサイルも取り付けられるのですごく楽しい。

後部のアームも良く動き、上からでも下からでも武装を構えることができます。

ppa12.jpg

以上、パワードアームズパワーダーでした。

自由度の高いアームジョイントに多数の重火器と男の子のロマンをうまい具合に詰め込んだカスタムウェポン。

ガトリングが2種類付属するのもいいですね。(今回の購入理由がコレ)

バックパックも使いやすく、接続用カスタムジョイントは1つだけと従来のより少なめですが、アームそのものが着脱可能だし各自で臨機応変に使えるから充分でしょう。

アームジョイントが豊富なビルドカスタムシリーズではスカルウェポンやバトルアームアームズなどがありますが、これらはどちらかと言えば接近戦用武器が多めだったので、重火器に特化した今回のパワードアームズパワーダーはアームジョイントとの相性が非常に良かったと思います。

ヴァリュアブルポッドも面白かったですが、こちらの方が使いやすかったです。

カスタムの楽しさを広げる面白いキットなのでオススメです。


それではまた〜。












関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック