FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

RG ガンダムアストレア TYPE-F

2014.10.31 (Fri)

みなさんこんばんわ。

本日はプレバン限定RG、ガンダムアストレア TYPE-Fです。

ガンダム00の外伝漫画「機動戦士ガンダム00F」で登場するガンダム。

エクシアの先祖機にあたるガンダムがRG化。

アストレアと違ってこちらは改造パーツのみではなくRGエクシアにアストレアF用のパーツをセットにして追加したものです。

RGだけあってクリアパーツや武装が豊富でした。

今回はつや消し+スミ入れの簡単フィニッシュ仕上げです。

アストレアFとアストレアF2のどちらかを選んで組み立てるタイプですが、今回はアストレアFで組み立てました。

では、続きからどうぞ〜。


rga2.jpg
正面。

エクシアと違って成形色は赤がメイン。

フレームは同じなので体格はエクシアと同じくらいですね。

rga3.jpg
横。
アストレアは手足のGNコンデンサーがレンズではなくアタッチメントになっています。

rga4.jpg

後ろ。

rga5.jpg
フェイスマスクや胸のレンズはクリアパーツ。

フェイスマスクは本来スモークグレーですが、成形色の関係でクリアグリーンです。

rga6.jpg
もちろん差し替えでフェイスオープン時のガンダム顔も再現可能。

rga7.jpg
F2にする場合は頭部のアンテナとクリアパーツを差し替える必要があります。

F2用のアンテナの黄色部分はシールで再現。
しかしリアリスティックデカールなのでシールを貼っても薄さで下地が見えてしまいます。

ここはシールより部分塗装した方が見映えがいいかもしれません。

rga8.jpg
エクシア同様のホログラムパーツで体のGNケーブル部分が再現。

アストレアの場合エクシアの肩のホログラムパーツが余ります。

rga9.jpg
後部のサーベルラックは非可動で取回しづらいですが、スカートがエクシア同様に可動するのである程度改善されています。

rga10.jpg
HGと比較。
体格はどちらも大差ないです。
RGの方が色分けが細かいだけあって美しいですね。

HGのアストレアFは可動範囲がHGエクシア同様に広い上にF2が再現できたり豊富な武装が付属していたりと至れり尽くせりな仕様のHGでした。

rga11.jpg
数年前に全塗装した電撃ホビーマガジンの付録ガンプラのアストレア改造パーツで製作したアストレアFと。

付録から始まってHG、1/100、RG化まで達成ってヘイズル並みにすごい飛躍ですね。

rga12.jpg
GNビームライフル。
rga13.jpg

武器用持ち手に持たせてジョイントを腕に取り付けて装備。

こちらはHG版に比べてジョイントを動かせるので構えやすいです。

オプションハンドはエクシアと同じです。

rga14.jpg

別パーツのジョイントに差し替えることでプロトGNソードの上にも取り付けて装備可能。

rga15.jpg
腰にはGNショートブレイド等と同じ要領でライフルをマウント可能。

しかしライフルが大きめなのでこのままだと動かしにくいです。

rga16.jpg

GNシールド。
アストレアのGNシールドですね。

差し替えで展開と収納形態が再現。

ジョイントパーツで位置を調整できますが、HGのシールドとは違うので回すことは出来ません。

rga17.jpg

プロトGNソード。
刃部分はメッキパーツ。

HGや1/100では両腕に取り付け可能でしたが、RGは右腕にしか取り付けられませんでした。

rga18.jpg
GNランチャー。

肩のグラビカルアンテナを外して装備。
接続基部が可動するので待機状態も再現可能。


rga19.jpg

フォアグリップも可動するので安定して構えられます。

rga20.jpg
GNビームサーベル。

エクシア同様にダガーとサーベル両方付属。

武器保持用の凸部分が作られているサーベルがあるので手からすっぽぬけずに持たせられます。

rga21.jpg
他にはエクシアと同じ武装がそのまま色違いで付属。

それぞれの武器はちゃんとアストレアにも装備可能です。


オプションは以上です。

では、ちょいとアクション。

rga22.jpg

rga23.jpg

エクシアと同タイプの手首なのでサーベルを抜くポーズやGNソードの構えが楽にできますね。

rga24.jpg

rga25.jpg
そしてRGアストレアのギミックとして、HGアストレアFに付属する武装を装備することが可能です。

中には手に持たせられるものもありますが、一部武器用持ち手では持てないので、保持力の弱めな可動タイプの持ち手を使わないといけません。

rga26.jpg

それでも可動範囲を活かしてしっかり構えられます。
GNハンマーは持たせたかったのですが、重さに負けてしまったので今回撮影していません。

rga27.jpg

GNピストルなら軽いので持ちやすく、ホルスターもそのまま取り付けられます。

rga28.jpg
アクションベース用のジョイントパーツでベースにも対応。

やっぱりエクシアのものと同じなのでGNアームズにも乗せられるように。

rga29.jpg


rga30.jpg

rga31.jpg

最初は電撃ホビーマガジンの付録でエクシアのパーツを換装して再現だったのに、まさかRGまで辿り着くとは・・・。

こうして見ると色が本来のものと思いっきり違いますが、頑張ってスプレーで塗装したっけ・・・。

rga32.jpg

以上、アストレアFでした。

そのまま一般で発売してくれてもいいのに通販になってしまいましたが、RGの豪華さに加えてアストレアF2が再現できたり、HGの武装が装備できたりと、RGエクシアよりも充実していました。

フェイスマスクがHGと同じクリアグリーンそのままでしたが内側のガンダム顔まで色分けされていたのもすごいですね。

思い入れのある機体だったので今回のRG化を聞いて即ポチした甲斐があって大満足。


しかし、可動範囲の欠点はエクシアと相変わらず。
腰のフロントアーマーが邪魔して足をあまり前に出せない点はエクシアと同じでした。

フロントアーマーが干渉する部分をアーマー裏側からほんの少しカットすれば多少改善されますが、そのあたりはやっぱりフォローを入れて欲しかったと思います。

あと欲を言えばマーキングシールはフュレシュテのマークが欲しかったなぁ。

それではまた〜。










関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック