ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGBF R・ギャギャ

2014.12.15 (Mon)

みなさんこんばんわ。

本日はHGBF R・ギャギャです。

「ガンダムビルドファイターズトライ」に登場するサザキ・カオルコの使用するガンプラ。

R・ジャジャにギャンのシールドを改造したものを装備させていたりとギャンらしさが強調されています。

今回は部分塗装+スミ入れです。

それでは続きからどうぞ〜。
rgg2.jpg
正面。

R・ジャジャがベースなのでがっしりとした体型。
アニメで金色だった部分はメッキではなく、三国伝シリーズでよく使われていた成形色の色になっています。


rgg3.jpg
後ろ。
脚部のバーニアやスラスター内部はLBXメタリックオレンジで部分塗装しました。

rgg4.jpg
頭部のモノアイはシール。

rgg6.jpg

rgg5.jpg
ビームサーベル。

腰の鞘に差し替えで収納可能です。

ビームサーベルでもビームエフェクトが非常に大きく、ビームソード並みの長さです。

rgg7.jpg

ツインビームソード。
ビーム刃はクリアグリーン。

rgg8.jpg

こちらは一部ヴァリュアブルポッドのビームサーベルのパーツが流用されています。

rgg9.jpg

なので分離して普通のビームサーベルとしても装備可能です。

rgg10.jpg
ガトリングガン。

こちらもヴァリュアブルポッドのガトリングが一部流用されています。

肩のバインダー裏に装備されているので少し構えにくいですがいい感じだと思います。


rgg11.jpg
シールド。
R・ギャギャの代表武器ですね。

こちらも一部ヴァリュアブルポッドのパーツを流用しています。

金属音はしません。
rgg12.jpg

シールドにはアームが接続されており、かなり自由に動きます。

これのおかげでシールドを前に構えることが可能。

rgg13.jpg

シールドは取り外してグリップで手持ちで装備可能。

このグリップは見た目がヴァリュアブルポッドのものと似ていますが、新規パーツです。

しかし、グリップ上部の腕にロックする部分が腕にフィットしておらず、実質手持ちだけで支えている状態です。


rgg14.jpg

シールドはビームカッターとビームサーベルエフェクトが展開可能。

ビームを展開させて手持ちで装備させてもしっかり保持できました。

この保持力はすごいですね。



では、ちょいとアクション。

rgg15.jpg

rgg16.jpg

rgg18.jpg


rgg19.jpg

rgg20.jpg
お兄様のギャンバルカンと。

こうして見るとサザキくんの英才教育が妹に良く行き届いてることがわかりますね。


rgg21.jpg


以上、R・ギャギャでした。

可動範囲は腕や足回りが広く動き、胴回りが少し狭い程度なので思ったよりはよく動きました。
金部分は成形色のままでもいい感じですが、ゴールドなどで塗装すればもっといい感じに仕上がりそうです。

武装も意外と豊富で、ガトリングガンといいビームサーベルといいギャンバルカンの武装をうまく流用していると思います。
なにより特徴的な武装のシールド。これが面白かったですね。
アームで良く動くしビームカッターも展開できるし、手に持っても腕があまりへたれなかったりといじってて楽しい武器でした。
そしてツインビームソードのエフェクトはヴァリュアブルポッドのビームサーベルにも取り付けられます。
腰のビームサーベルのエフェクトも大きくて綺麗なのですが、先端が丸くてエフェクトも分厚いのでちょっと迫力に欠けてたのでこの大きさでガンダムDXのビームソードみたいな感じのエフェクトにしてくれてもよかったんじゃないかなと思います。

あと物足りなかったのはオプションハンドくらい。
オプションハンドが通常の持ち手以外付属せず、せめて左手の平手くらいは付属して欲しかったなーと思いました。

カスタム機枠とはいえ、RジャジャのHG化も期待できる素晴らしい出来だったのでおすすめです。
予想より良く動いてとても楽しいキットでした。

アニメ本編では百万式に負けてしまいましたが、また登場してくれると期待しています。

それではまた〜。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック