ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「全て私のせいだ。」S.H.Figuarts :仮面ライダーデューク レモンエナジーアームズ

2014.12.18 (Thu)

みなさんこんばんわ。

本日はSHF 仮面ライダーデューク レモンエナジーアームズです。

「仮面ライダー鎧武」本編にてベルトの開発者である戦極凌馬が変身するライダー。

そんな仮面ライダーデュークがプレバンでSHF化されました。


アーツの出来はというと、レモンエナジーアームズはバロン同様に非常に美しい仕上がり。
ソニックアローもしっかり両形態付属します。

では、続きからどうぞ〜。
kgd2.jpg
正面。
体格はこれまでの鎧武SHFのように美しくまとまってます。
kgd3.jpg
顔のステアリングアイやレモンエナジーアームズには一部クリアパーツが使用。

胸の紋章もデュークのものになっています。

クリアの内部の泡もしっかり再現。

kgd4.jpg
ゲネシスドライバー。

こちらは斬月・真のように細部まで塗装。
レモンエナジーロックシードも取り外し可能です。

ドライバーの塗装はこれまでで一番綺麗に出来てると思います。

kgd5.jpg

後ろ。

kgd6.jpg
マントのゲネシスケープは可動。

バロン レモンエナジーアームズと同じように可動します。

マント表面の模様も再現されてました。

kgd7.jpg

kgd8.jpg
ソニックアロー。
剣形態、弓形態ともに付属。

ベルトのロックシードを装着可能です。
専用持ち手もそのまま両手分付属。

kgd9.jpg
オプションハンドは他にもドライバーのグリップ用の持ち手が付属。

しかし、なぜか今回平手が付属しませんでした。

kgd10.jpg
レモンエナジーロックシード(閉)。
おなじみの閉じた状態のロックシードも付属。

平手が無いので手に持たせにくいです。

kgd11.jpg

仮面ライダーバロン レモンエナジーアームズと比較。

違いは素体と胸の紋章部分くらい。

よく見るとデュークの方が腕や太もも部分のアーマーが刺々しくなってます。

どちらも同じ装備なのにこうして並べるとまるで印象が違いますね。

では、ちょいとアクション。

kgd12.jpg
ありそうであまりなかったレモン対決。
バロンは劇中では戦極さんの後ろから弓を突きつけただけでレモンエナジー同士での直接対決はなかったですね。

終盤に見れるかと思いましたがドライバーがキルプロセスされちゃいましたし。

kgd13.jpg
初登場時で見せた構えっぽく。
平手がないのが惜しい・・・。

kgd14.jpg
ジンバーレモンと。

kgd15.jpg

kgd16.jpg

ジンバーレモン戦で見せたカウンターで相手をいなす戦闘スタイルはなかなかかっこよかった。

kgd17.jpg

kgd18.jpg

ロック・オン♪



kgd19.jpg
レモンエナジー!



kgd20.jpg

kgd21.jpg
以上、仮面ライダーデューク レモンエナジーアームズでした。

バロンでも充分出来がよかったので、クリアパーツやゲネシスケープの再現度などは非常に美しく、SHFとしての出来は満足。

しかし、なぜか今回平手がオプションハンドで付属しておらず、ポージングのしづらさが目立ちました。
やっぱり平手は付属して欲しかったですね。
武装もソニックアローのみですし、斬月・真やジンバーレモンなどと比べると微妙にボリュームが足りず、割高に感じました。
平手が付属しないだけでここまでポージングの幅が狭くなるとは・・・。


とはいえゲネシスライダーも残りはマリカとシグルド、黒影・真など残ってるのでぜひ出して行って欲しいです。

劇中ではベルトの開発者としてユグドラシルで暗躍し、貴虎を裏切ったりミッチを利用したり、劇場版でもマッドな科学者な印象が強かったライダーでしたね。ムービー大戦ではメガへクスの手によってメカ戦極凌馬として復活し、ドラゴンフルーツで変身してましたが、メガへクスの作り物とはいえ相変わらず戦極さんらしさは損なわれてませんでした(ムービー大戦でも強者さんはいつも通りでした。)。

ドラゴンフルーツアームズがSHFされるとしたらぜひ平手も付属させてほしいところですね。

それではまた〜。



関連記事

コメント

No title
今回もめちゃくちゃできはよさそうですが、
平手がないのが謎ですね・・・何故省いちゃったんでしょう。
中の人がそれほど力を入れて立ってるイメージもないんですが・・・
やっぱりドラゴンフルーツ発売の予兆ですかね?

管理者のみに表示

トラックバック