ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGBC メガライドランチャー

2014.12.21 (Sun)

みなさんこんばんわ。

本日はHGBC メガライドランチャーです。

HGBF 百万式のメガランチャーの単品販売版ですが、百万式にあった両翼のバインダーは付属せず、砲台とブースター、新規のジョイントのセットです。

今回は素組みにスミ入れを行ったのみです。

では、続きからどうぞ〜。
mrl2.jpg

mrl3.jpg

mrl4.jpg

まず全体をぐるりと。

ランチャーなだけあって武装の中では大きめです。

リキッドで自立可能。

mrl5.jpg

今回付属のジョイントパーツ。

軸穴のサイズが左右非対称なタイプ。

mrl6.jpg

このジョイントパーツはそれぞれこのように合体させて使うことも可能。
こういうギミックがあるジョイントはありがたいですね。

mrl7.jpg
バックパック形態用ジョイント。

こちらはHG百万式に付属しているものと同じです。

mrl8.jpg


これを併用することで自分のガンプラの背中にメガライドランチャーをバックパックとして装着可能です。

mrl9.jpg
中央のグリップは展開してMS牽引状態にすることが可能。


ブースター部分がアクションベースに対応しているのでディスプレイもベースで簡単にできます。

この手のギミックはベースジャバーなどでもありましたね。

mrl10.jpg
メガランチャー形態。

mrl11.jpg
砲身部分を展開、伸縮させてブースターの向きを変えることでメガランチャー形態に変形。

一気に展開するのでランチャーらしく長くなります。

持たせる時は左右のグリップを握らせ、リキッド部分をフロントスカートに固定して装備。
ですが、この固定部分がそこまで頼もしくないので、持たせた機体によっては重さに負けてしまいます。

mrl12.jpg

ビルドバーニングはフロントスカートで固定しきれてなかったものの、肩の可動範囲が広いのでベースをうまく使えばそれを活かして構えられました。

mrl13.jpg

以上、メガライドランチャーでした。

パワードアームズパワーダーやEzユニットなどと比べるとこちらは武器としてのカスタムパーツですね。

MSを乗せるとしたらバイクみたいに乗せるのはサイズ的に難しいので乗せるとしたらボードみたいな乗り方になりそうです。
でもそれだと安定に欠けるのでジョイントでバックパックとして使うのが一番無難かなと。

メガランチャー形態の伸びっぷりはさすが砲撃武装といえる大きさでした。
そのせいでベースの助けがないと持たせにくさが目立ちますが、これまでの武装の中でお気に入りです。

意外と良かったのは新規のジョイントパーツ。
メガランチャーの場合だと砲身横に取り付けられるのですが、オリジナルでなにか装備させたいけど軸穴が大きすぎて入らないといった問題に答えやすいジョイントでした。
このジョイントはピン軸と軸穴両方使えるので、バトルアームアームズやパワーダーのアームジョイントなども取り付けられますし、これを使ってバインダーやウイングなどの取り付けにも使いやすいのではないかと思います。

武器としてはボリュームのあるカスタムパーツでした。

それではまた〜。

コメント返信

>ハルさん
ほんとに何で平手が付かなかったんでしょうね。
注文受付時のサンプル写真とかみると確かに最初から付属するような説明はなかったっぽいのですが、付かなかったのは残念です。
他のサイトを回ってみると自力で複製して作ってる人もいらしたので、できそうならそちらを真似してみようかなーとか思ったりしてます。
映画でもドラゴンフルーツアームズはかっこよかったので、ACだけでなくぜひSHF化してほしいですね。

そっちにだけ平手つけるってのもなんかこう・・・ハードルが高いような気もしますが、出してもらえるなら是非出て欲しいです。


>蟹さん
コメントありがとうございます。
オーディンは龍騎におけるラスボスライダーなので、通販にまわるかと思いましたが、無事モンスターとセットでこのクオリティと、非常に満足でした。
龍騎好きにはオススメです。

他のライダーたちのミラーモンスターもこの出来の良さを維持しつつリリースしてほしいですよね。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック