ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ガンダムエース2015年2月号特別付録 ドライツバーク

2014.12.27 (Sat)
dz1
みなさんこんばんわ。
本日はガンダムエース2月号付録のドライツバークです。
このドライツバークは最近発売されたRGウイングガンダムゼロ EW版に対応したガンプラ付録で、単体での装備はもちろん、ツインバスターライフルとの合体ギミックもある付録です。


では、つづきからどうぞ〜。
dz2
メッサー・ツバーク。
3つに分離してメッサー・ツバークに。

右手用が1つ、左手用が2つになります。
dz3
もちろんこの状態でも装備可能。

軽いし保持用のピンもあるので可動指でも安定して持てます。

dz4
メッサー・ツバーク3つを合体させることでドライツバークに。

dz5

この時点でツインバスターライフルに負けない大きさになっています。

dz6
ディスプレイスタンド。

ドライツバークを展示させられ、ウイングゼロ装備時には武器の補助スタンドにもなります。

ドライツバーク単体でも展示可能ですが、重さに耐えられず安定して置けませんでした。

dz7

ベースは組み替えてツインバスターライフルを置くことができます。

dz8

ドライツバーク装備。

重たいので武器保持用手首で持たせましょう。

dz9
バスターライフルと比べて重たいので、構える時は補助スタンドが必須になります。

dz10

スタンドのおかげで両手持ちも安定しますね。

dz11
ドライツバーク・バスター。

ウイングゼロのツインバスターライフルに専用ジョイントで合体させることでドライツバークバスターに。

なかなかっこいい。
dz12

更に重くなるので補助スタンド無しでは構えられません。

dz13
今回は肩関節用にアシストパーツが付属。

これをRGウイングゼロの肩関節に使用することで両手持ちのポーズが安定させやすくなります。

dz14
補助スタンドと組み合わせればしっかりバスターが構えられます。

このアシストパーツは普通のツインバスターライフルを構える時にも役立ちますので嬉しいですね。

dz15
以上、ドライツバークでした。
昨年のマーキュリーレヴに比べて遊び要素よりも格好良さのある装備。
重いのでRGの中では保持力が比較的高めだったウイングゼロでも補助スタンド無しではポージングしづらいです。
しかし、ドライツバークの分離、バスターとの合体などどれをとってもかっこ良く、美しい武装です。
特に良かったのは肩用のアシストパーツ。これのおかげで両手持ちが安定しやすくなっていて非常に助かりました。
こういうパーツは大型武器を使うRGデスティニーガンダムやRGストライクガンダムの時に欲しかったので、今後も出して欲しいですね。

さて、ドライツバークは今月の「敗者たちの栄光」では修理中のゼロがZEROシステムで映し出した映像の中で登場。「フローズン・ティアドロップ」ではまさかのプロトゼロが装備という推しっぷりでした。

プロトゼロはMGでしか出ていないのでMGサイズでドライツバークが出てくれたら嬉しいですね。

そしてHGACのウイングガンダムゼロ(TV版)にドライツバークを持たせようとしてみたところ、グリップのピンが邪魔でそのままでは持てませんでした。ピンを切れば不可能ではなさそうですが、RG用ですし、オススメはできません。
当然TV版のツインバスターライフルとはジョイントが合わなかったので合体は無理でした。

さて、このドライツバーク、ドライツバーク・バスターにしてもそのままでもとてもかっこいい武器で満足です。
どう活躍するか楽しみですね。
それではまた〜。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック