FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

リトルアーモリー Mk18Mod0 TYPE[LA005]とfigma専用タクティカルグローブ 

2015.01.09 (Fri)

皆さんこんばんは。

本日はTOMY-TECより、リトルアーモリーを購入しました。

リトルアーモリーとは1/12スケールの銃火機の組み立てランナーキットです。
パーツ構成は実物の銃火器を意識した分割となっており、銃のアクセサリーや分解時の状態まで出来ます。

銃のミニチュアコレクションとして楽しめるだけでなく、1/12スケールなので可動フィギュアと組み合わせて楽しめるシリーズとしても人気です。

今回買ったのはMk18Mod0 TYPE[LA005]です。

銃の種類ではアサルトライフルですね。


では、続きからどうぞ〜。

tt2.jpg
パーツ。

ポロ落ちが激しかったので一部接着していますが、銃本体のMk18Mod0 、ストック(ロングと通常の2種)、ドットサイト、グリップライト、AN/PEQ-2、マガジン、レールカバーが付属。

レールアクセサリが一通り揃っていますね。

接着剤が必須と書いてありますが、組み立てるだけなら接着剤が無くても可能です。でもパーツを組み合わせる際に外れやすかったので瞬間接着剤などがあるといいと思います。


このサイズなので銃専用の持ち手のある武装神姫や一部figmaにはそのまま装備できます。
しかし、figmaにはそうでないものが多いです。そのままではうまく持てません。

tt3.jpg
そこで登場したのがこちら。
「figma専用タクティカルグローブ」。

figma×リトルアーモリーのコラボ企画として生まれたfigmaでリトルアーモリーの銃火機が持てるようになるオプションハンドセット。
12月に発売されました。
私が買ったのはコヨーテタン。

銃の引き金にまで合わせた持ち手はもちろん、マガジン用から構え用の平手までそろっています。

figmaに合わせた軸のサイズなので初音ミク2.0のようなタイプの手首ジョイントにもぴったり。

付属のジョイントも角度が細かく付いたものが両手ともに5パターンずつあるのも便利。

tt4.jpg
さっそくfigmaに持たせてみました。
手袋をはめて銃を持っていると見れるので、違和感もそこまでありません。

むしろ自然なくらい。
tt5.jpg
保持力は少し緩い程度ですが、コトブキヤのマズルフラッシュエフェクトを先端につけた状態でも手から銃を落とさずに構えられます。

tt6.jpg
一応ミクさんにも持たせてみる。

袖のあるfigmaは銃に袖が干渉してやや持たせづらいですが、豊富な手首ジョイントでなんとかカバーできました。

tt7.jpg
前にミキシングで作ったハクさんに持たせてみる。

銃を一番持たせやすいのは腕が半袖だったり袖の装飾が少ないfigmaですね。

腕にチアガール版みくるを使っているので簡単に持てました。

tt8.jpg

以上、リトルアーモリーでした。

リトルアーモリーはそのままでもかなり実物に近い造形をしているので精巧なミニチュアコレクションとして楽しめるのはすごいですね。
レールアクセサリまでちゃんと用意されてるところがそのこだわりっぷりを感じさせてくれました。
その分単価の値段が1000円以上するので銃によっては割高に感じるかもしれません。

組み立ては接着剤無しでも可能ですが、そのままでははまらなかったりするパーツもあるので瞬間接着剤などを持っておくことをオススメします。
というか接着剤を使っておかないとパーツがすぐポロ落ちして無くしやすいです。

figma専用タクティカルグローブのおかげで自然に銃を構えられるようになるので、タクティカルグローブとセットで買っておくといいです。

サイズが合って銃用の持ち手のあるフィギュアなら無くても問題ないと思いますが。

タクティカルグローブセットも保持力はそこそこあるものの、そに子のような袖の造形ならあまり気になりませんがfigmaミクさんやKAITO兄さんのように袖が広く作られているfigmaだと銃によっては持たせるのに苦労するかもしれません。

私の手持ちではタクティカルグローブセット付属のジョイントで充分カバーできましたが。


今回はfigmaメインで装備させており撮影してませんでしたが、リトルアーモリーは武装神姫にもぴったり似合います。
というか手持ちのフィギュアで武装神姫が一番自然に銃が持てました。

今まであまり手をつけてないシリーズでしたが、このfigma専用タクティカルグローブを買ったことでリトルアーモリーシリーズも集めたくなりますね。

それではまた〜。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック