ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

レジェンドBB 武者飛駆鳥 

2015.01.19 (Mon)
mv1
みなさんこんばんわ。

本日はレジェンドBBより、武者飛駆鳥です。飛駆鳥は「七人の超将軍編」の主人公であり、武者號斗丸の兄でもあります(七人の超将軍の時の號斗丸はまだ武威丸ですが)。

そんな武者飛駆鳥がレジェンドBB化。鉄鋼迦楼羅(メタルガルーダ)もセットになっていて、天来変幻時の金色の羽衣形態まで再現されています。


今回は鉄鋼迦楼羅はゴールドとクリアイエローで塗装、飛駆鳥はパチ組みに部分塗装+スミ入れ+シール+つや消しトップコートの簡単フィニッシュ仕上げです。

では、続きからどうぞ〜。
mv2
mv3
武者形態。
当時のキットからアレンジされ、しっかりレジェンドBBの体型に。
頭部や胸にはメッキパーツとクリアパーツが使用されてます。

mv4
背中の閃光翼(ビームウイング)は可動。
展開時のビームエフェクトも付属。
エフェクトはクリアパーツでラメ仕様です。

ここは旧キットでもクリアパーツが使われていましたね。

mv5

烈旋丸。
飛駆鳥の愛刀。
刀身はクリアパーツです。
長剣なので長さもそこそこあります。


mv6
鎧を外して軽装タイプにもなります。
目の表情はいつものレジェンドBBと同じで、シールを2つ選択して貼ります。

mv7


鉄鋼迦楼羅(メタルガルーダ)。
武者飛駆鳥と言ったらこれ。(といっても元は祖父の豪天頑駄無のものですが)

mv8

mv9

旧キットと違ってメッキ仕様ではないのが残念ですが、旧キットに比べてボリュームアップしています。

mv10
少し窮屈ですが、アクションベースを使えば取説マンガのように飛駆鳥をつかませることが可能。

鉄鋼迦楼羅のウイングは飛駆鳥のビームウイングエフェクトも取り付けられます。

mv11

mv12

天来変幻!

鉄鋼迦楼羅を飛駆鳥に装着することで金色の羽衣形態に。

この時点でけっこうなボリュームに。

mv13
目牙閃光爆星。(メガビームバスター)

背中の武器は手に持たせて構えることが可能。
旧キットでも大きかったですが、レジェンドでもその大きさは健在です。

mv14
目牙閃光銃(メガビームライフル)。

こちらも同様に手に持って構えられます。

「武者○伝2」にて撃鱗将頑駄無が鉄鋼迦楼羅装備時に見せた目牙閃光銃と目牙閃光爆星の合体は出来ません。
ちょっと期待してたんですがね・・・。

では、ちょいとアクション。

mv15

mv16

レジェンドBBになので相変わらずアクションポーズが付けやすいです。

烈旋丸が長いので両手持ちもぎりぎりできました。

mv17

mv18

飛燕竜巻返し!


mv19

以上、レジェンドBB 武者飛駆鳥 でした。

まさか弟に続いて兄までレジェンド化されるとは。。
鉄鋼迦楼羅がメッキ仕様ではないのは分かっていましたが、素組みだと金色が安っぽいのが気になりました(だから今回は塗装しました)。

それでも広い可動範囲でアクション性が高く、前回の二代目大将軍に負けないボリューム感、閃光翼や烈旋丸のクリア仕様など豪華です。
鉄鋼迦楼羅を付けると可動が少し狭くなり後ろに倒れやすいですが、この再現度は素晴らしい。
今回は鉄鋼迦楼羅の成形色以外は満足の出来でした。

旧キットに触れたことのある人にもそうでない人にも是非触れて欲しいですね。

7人の超将軍全員レジェンド化は厳しいでしょうが、できれば武零度頑駄無もレジェンド化してくれたらいいなぁ。飛駆鳥大将軍も。

今後の展開に期待です。
それではまた〜。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック