ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGBC モックアーミーセット

2015.01.27 (Tue)

みなさんこんばんわ。

本日はHGBC モックアーミーセットです。

名前の通り主にモック用のカスタムウェポンセット。
武器4種とモック用カスタムヘッドパーツが付属します。

では、続きからどうぞ〜。
mcs2.jpg
セット内容はアックス、ジェットハンマー、ビームガトリング、ヒートカッター、ハイモック用頭部パーツの5つです。
mcs3.jpg
アックス。
ザク等のヒートホークより大きめです。

ライフルと同じ要領で装備。

mcs4.jpg

mcs5.jpg
ジェットハンマー。他の武器より少し重いですが、片手でも保持力はあり、装備したままでもしっかりポージングできます。

ハンマーの裏側にはスラスターが作られてます。

mcs6.jpg
ヒートカッター。
銃みたいに持ってますが接近戦用武器です。

HG1/144だとこの持ち方しかできません。


mcs7.jpg

ビームガトリング。
一番持たせやすい武装でした。

ガトリングらしい重量感ある火力兵器らしくなってます。

mcs8.jpg

各武装は1/100用のグリップ部分があり、差し替えたり可動させたりして持たせることが可能。

mcs9.jpg
モック用ヘッド。

なんのディテールもなく、そのまま付けるだけ。

好きに改造できるパーツですが、これだけだと何の為にあるのかわかりづらいですね。

では、ちょいとアクション。

mcs10.jpg


mcs11.jpg

mcs12.jpg

mcs13.jpg


mcs14.jpg
一応モック以外のHGにも装備させることは可能。

mcs15.jpg
以上、モックアーミーセットでした。

モック用だけでなく1/100にも対応しているのが地味に凄いセット。
持たせやすさもあって紅ウェポンより使い勝手はよく感じました。

しかし、ヒートカッターなど、持ち方が限定されやすい武器もあるので手放しではちょっと褒められない点もありました。

カスタム用頭部パーツは無地の丸い状態なのでそのままだと微妙ですが塗装したりモールドを彫ったりなど新しいことに挑戦するための練習にはちょうど良いのではないかと思います。

それではまた〜


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック