ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HGBF ウイングガンダムゼロ炎

2015.03.23 (Mon)

みなさんこんばんわ。

本日は外伝作品「ガンダムビルドファイターズ炎トライ」から、ウイングガンダムゼロ炎です。
Hi-νガンダムヴレイブに続いて外伝作品の機体がHGに登場。

「ガンダムビルドファイターズ炎」というシリーズはホビージャパンにて連載されていたビルドファイターズの外伝で、その続編の「ガンダムビルドファイターズ炎トライ」にて、前作主人公のコウエン・ユウセイが使用するガンプラがこのウイングガンダムゼロ炎(劇中ではゼロ炎製作から7年経っており、現在でも愛用しているようなのでかなり年季が入っているようです)。

外伝の主人公機が相次いでHG化されるなんてすごいですね。

キットはHGAC ウイングガンダムゼロに新規追加パーツを追加したものですが、新規パーツが圧倒的に多く、ウイングガンダムゼロとはまるで別物です。

今回はスミ入れ+部分塗装+つや消しの簡単フィニッシュ仕上げです。

では、続きからどうぞ〜。
zb2.jpg
正面。

元のウイングガンダムゼロと違い、赤がメインカラーになっています。

zb3.jpg
後ろ。
ウイングの機構もゼロと基本的には同じですがまるで印象が違いますね。

zb4.jpg
胸のサーチアイはクリアパーツ。

他にも胸、肩、頭部、足、ウイングと各部にクリアパーツが多く使われていますね。

zb5.jpg
ツインバスターライフル。
基本的にはウイングゼロのものと変わっていませんが、こちらはクリアパーツになっています。

ちゃんと分離して両手に持たせることも可能。

zb6.jpg
シールド。
こちらは完全新規。
クリアパーツも使われていてウイングゼロのシールドより少し大きくなっています。

そのせいで腕に装備すると肩に干渉して動かしづらいです。

zb7.jpg
ビームサーベル。

サーベルエフェクトは長めの物が付属します。
エフェクトは2つあるのにサーベルは一つしか付属しませんがウイングゼロのものに比べて造形が細かく、持たせやすいです。

シールドに収納可能。


zb8.jpg
ハイパーカレトヴルッフ。あのカレトヴルッフが最終的にこうなりました。
翼に装備された大型のバスターソード。
炎クリスタルはクリアパーツです。

柄は外せますが、劇中にあったビームソードまでは再現できません。

zb9.jpg

ウイングガンダムゼロと比較。
共通してるパーツがバックパック以外ほとんど見当たりませんね。

ウイングゼロがベースになっているとはいえゼロ炎はほぼ新規パーツで構成されています。

zb10.jpg

zb11.jpg
バードモード。
変形機構も少し変わっています。
zb12.jpg
バスターライフルはウイングに取り付け、足は差し替え無しに変更。

足を畳むタイプに。


ギミックの紹介は以上。
では、ちょいとアクション。


zb13.jpg

zb14.jpg

zb15.jpg

zb16.jpg

zb17.jpg
カレトヴルッフ炎を持たせてみる。

zb18.jpg
少し窮屈ですが、しっかり持てます。

なかなか似合いますね。

zb19.jpg

以上、HGBF ウイングガンダムゼロ炎でした。

パーツのほとんどが完全新規パーツなのでウイングガンダムゼロとはまるで別物。
クリアパーツも多く使われていて綺麗だし、変形で煩わしかった足の差し替えもなくなり、変形がしやすくなりました。

逆にシールドが肩に干渉して動かしづらいという欠点が生まれましたが、HGウイングガンダムゼロの良いところをうまく伸ばしたボリューム満点のHGです。

それではまた〜。



コメント返信
>ハルさん
ブラックビートすごいですよね。
可動は狭いですが立ってるだけでこんなかっこいいなんてすごい。

イベントで見てとてもかっこよかったんで買えてよかったです。

メタルヒーロー系SHFは多分通販メインでしょうけど、着々とシリーズ増えるからこれからも新作が期待できそうなのでジバンも早く商品化されたらいいですね。








関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック