ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG ウイングガンダムゼロフレイムフェーダー

2015.03.27 (Fri)

みなさんこんばんは。

今回は先日紹介したホビージャパン付録を2セット使って、ウイングガンダムゼロ フレイムフェーダーにしてみました。

フェザーブレイドを2セット分使ったことで本体のシルエットがかなり大きくなりました。

今回は部分塗装+スミ入れ+つや消しの簡単仕上げです。


では、つづきからどうぞ〜。



zff2.jpg

zff3.jpg
まず全体から。

基本的には前回紹介した時とさほど変化はありませんが、ウイングのフェザーブレイドにフェザーナイフを2セット装備することでウイングのボリュームがすごいことに。

zff4.jpg
そして残りのフェザーブレイドを装備。

大型剣二刀流というロマン装備になります。

持ち手はGグレー2のスプレーで塗装しました。

フェザーブレイドの刃部分は黒サフを下地にしてシルバーで部分塗装しています。
zff5.jpg

zff6.jpg

変形機構は変わっていないので、バードモードにも変形可能。

フェザーブレイドをウイングにそれぞれ4つまるごと装備させたら鋭い感じに。
かなりアグレッシブなバードモードになりましたね。

ウイングの保持力は高めなのでこの状態でもあまりへたれてません。

前回との主な違いは以上です。
zff7.jpg

前回組んでいて気づいたのですが、ハイパーカレトヴルッフはビームソードも展開できます。
しかしHGではそれが再現されていません。

ですが、MGガンダムXのビームソードエフェクトがぴったり入りました。

持ってる人は試してみるといいかも。
では、話がそれましたがちょいとアクション。
zff8.jpg
フェザーグレイブも2セットなのでグレイブも2つ装備できます。

zff9.jpg

バスターソードももちろん装備可能。
バスターソード二刀流はさすがに重くてポージングしづらかったです。
zff10.jpg

zff11.jpg


以上、ウイングガンダムゼロ フレイムフェーダーでした。

フレイムフェーダーは1セットでも充分再現できますが、本気モードが2セット分使った状態ということで今回も多々買いをして再現。

今回の武器は塗装しやすいのでアストレイレッドドラゴンの時ほど苦行ではありませんでした。
刃部分を部分塗装するだけなら筆塗装でも簡単に行えるかと思います。

2セット使ったフル装備なだけあって元々あったボリュームが更に増え、シルエットも大きくなってかっこ良くなりますね。

毎度ホビージャパン付録は大型剣が付録になることが多いですが、今年の付録も面白かった。
今回のカスタムキットも他のガンプラに装備可能なので自分の好きなようにカスタムするもよし、ゼロ炎に取り付けるも良しのキットでした。


それではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック