ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

(モデリングサポートグッズシリーズ) へヴィウェポンユニット スカルマサカー

2015.04.27 (Mon)


みなさんこんばんわ。
本日はM.S.G ヘヴィウェポンユニット スカルマサカーです。

久しぶりのヘヴィウェポン。今回は複数のブレードと大型グリップからなる大鎌です。


では、つづきからどうぞ〜。


hwm2.jpg
パーツ構成。

ブレード3種、アタッチメント3種、フレームアーキテクト用スカルヘッド、大型グリップ1種となっております。

どれも禍々しいデザインです。

デスサイズモード時はアタッチメントとブレードが1種余ります。


hwm3.jpg
ブレードは分離状態でもそれぞれ持たせることが可能です。
今回もモックさんに持たせてます。


1/144サイズのHGには少し大きくて持たせにくいのですが、モックさんくらいの手首の大きさなら問題なく持てます。

hwm4.jpg
デスソードモード。
組み合わせ例その1。

簡単な差し替えで様々な武器に変形します。

ブレードパーツはグリップ部分が曲がるので曲げて刀剣っぽくすることが可能です。

この状態でも充分大きいです。

hwm5.jpg
グレイブモード。
組み替え例その2。

グリップが長いおかげで両手で構えやすいです。

しかし少し重くなります。

hwm6.jpg

デスサイズモード。

組み替え例その3。

見ての通り大鎌ですね。

先端にはスカルヘッドが付いて禍々しさがすごいことに。

このスカルヘッドはフレームアーキテクトの頭部に装着可能。

hwm7.jpg
大型手裏剣モード。
組み替え例その4。

大型手裏剣です。

ブレードとアタッチメントを組み合わせて完成。

手に持たせることもできれば3mm軸を活用してジョイントに装備することも可能です。

なかなかかっこいい。


hwm8.jpg
以上、簡単にですがM.S.G ヘヴィウェポンユニット スカルマサカーでした。

前のエクシードバインダーとは違う方向での組み替えが出来て楽しいですね。
これまではメカニカルなデザインの武装でしたが、今回の禍々しいデザインも好みでした。

スカルヘッドも汎用性高そうなのもいいですね。

武器だけでも楽しいなこれ。

注意点は、プラスチックが固いので差し替える時に破損しないよう注意。
大型故に重く、連結ジョイントのようなものも無く、グリップも太いのでHGサイズのガンプラや1/12サイズのフィギュアなどに持たせるのは少し難しいかもしれません。

それではまた〜。






コメント返信
>ハルさん
今回の完成度の高さには満足ですが、鎧武と比べるとやっぱり割高に感じますね。
そのための初回特典なのかもしれませんが、ベルトさんの表情パーツが少しくらいあってもよかったんじゃないかなと。

ここまでやってくれただけで嬉しいですけどねw

トライドロン・・・どうしようか迷いますw








関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック