ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

AGP −艦これ−  武蔵改

2015.06.27 (Sat)

みなさんこんばんわ。

本日はAGP −艦これ− から武蔵改です。
SHFジェノサイダー以来の大きな買い物でした。

ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」に登場する戦艦大和の姉妹艦の武蔵改がAGP化。
イベントなどでサンプルが展示されてきましたが、ようやく発売です。


では、つづきからどうぞ〜。
agp2.jpg
まず本体から。
正面。
agp3.jpg

さらしにメガネの褐色美人ですね。
agp4.jpg
腰部艤装は着脱可能な上に砲身がそれぞれ可動。

agp5.jpg

後ろ。

agp6.jpg

agp7.jpg


agp8.jpg
表情パーツは叫び、振り目、大破 の3つが付属。
どれも細かいです。

メガネは差し替えパーツで上げた状態が再現可能。

メガネはランナーに成形されていますが、非常にデリケートなので切れ味の良く負荷のかからない薄刃ニッパーなどで慎重に切り出しましょう。
とても折れやすいです。

agp9.jpg

オプションハンドはゲーム中のイラストを元にしたと思われる平手などが多く付属。
手に持って使う武器はありませんが、魚雷(?)を持った手首が付属していました。
これは魚雷ではなく徹甲弾でした。誤記失礼致しました。

agp10.jpg

agp11.jpg
agp12.jpg
艤装装着。

艤装を付けるとシルエットが大きくなります。

大型のスタンドに差し込んでディスプレイ可能。
というかスタンド無しじゃ立てません。

agp13.jpg

そしてこの艤装、主砲から小さい砲塔(副砲と対空機銃)まで可動します。

ここまで細かく動くとはびっくり。


agp14.jpg
砲塔だけでなく背部のディテールまで再現されてました。

サンプル展示では分からなかった部分もよく作り込まれてます。

では、ちょいとアクション。

agp15.jpg

上着が少し邪魔ですが、艤装も本体も可動範囲が広いですね。

agp16.jpg

戦艦の砲撃戦っぽく。

agp17.jpg

agp18.jpg
手に持った徹甲弾はこんな感じで相手に投げつけるのかなーと勝手に想像。

agp19.jpg
格闘戦もこなせそうですね。


agp20.jpg
agp21.jpg
足はそこまで上がらなかったので綺麗なキックはできませんでした。

agp22.jpg
おまけ。
なんとなくライドチェイサーに乗せたら思いの外似合ってた。

フィギュアだからこそ出来た遊びですね。

agp23.jpg
以上、AGP 武蔵改でした。
可動範囲、造形、塗装と、どれをとってもグッド。

表情パーツが4つとアクションフィギュアにしては多めで、表情多彩なポージングが可能。
大破顔のセクシーさが良い・・・。
髪まで可動したのはびっくり。

更に驚いたのは艤装のボリューム。
戦艦なので当然ですが、巨大なだけでなく砲身がそれぞれ可動する上に向きも対空砲まで変えられるという細かさ。

側面艤装の赤いところも塗装ではなく成形色でこの美しさというのがまたすごい。

本体はダイナマイトボディでメガネでサラシで褐色美人のお姉さん(妹だけど)なデザインをしていて個人的にツボでした。
イベントで見て買おうと思っていたくらいに。

アニメの話は置いといて、私の初のAGPだったので扱いがよくわかりませんでしたが、高価なだけあって満足できる出来でした。

注意点はメガネパーツが壊れやすいのでランナーから切る時は丁寧に切り出しましょう。
切り出した後もメガネは外れやすい箇所なので紛失注意です。

もう一つの注意点はスカート部の装飾が壊れやすいので艤装装着時やポージングの際には破損注意です。


買うのに勇気がいるシリーズでしたが、これは良いものでした。

それではまた〜。








関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック