ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ミニプラ シュリケン合体シリーズ04 ライオンハオー

2015.08.10 (Mon)

みなさんこんばんわ。

本日はミニプラ ライオンハオーです。
手裏剣戦隊ニンニンジャーの3号ロボにあたるライオンハオーがミニプラでも登場。

パーツ構成はA・B・C・D・Eとなっており、5種揃えることでライオンハオーが完成します。
もちろん既に発売されているミニプラ シュリケンジンやバイソンキングとの合体ギミック備わっています。

では、続きからどうぞ〜。
sh2.jpg
sh3.jpg

ライオンハオージョウ形態。

サイズが全長21cmと、食玩とは思えない大きさになっています。
メタリックシールなのでキラキラしてて豪華な雰囲気に。

sh4.jpg
sh5.jpg

アカニンジャー超絶が座りポーズと立ちポーズでそれぞれ付属。

sh6.jpg
立ちポーズ状態はライオンハオージョウ時に搭乗させることができます。

sh7.jpg
sh8.jpg

忍シュリケン。

他のミニプラのように忍シュリケンが付属。
こちらはロボ形態にも使用します。

sh9.jpg
sh10.jpg


ライオンハオー。

可動範囲はギミックの都合上狭いものの超ビッグサイズです。

sh11.jpg
胸部には座りポーズのアカニンジャー超絶を搭乗させます。

頭から食われてるみたいに見えますがしっかり固定されてます。

sh12.jpg

顔はシールで再現。

ここもメタリックシールです。


sh14.jpg
武器は大型シュリケンが装備。

sh15.jpg
持ち手の軸穴のサイズは同じなのでドラゴソードも装備可能です。

sh13.jpg

ハイパーレッシャテイオーとサイズ比較。

テイオーも充分大型でしたが、ライオンハオーは全体的にサイズアップしています。

ハオーは手に持ったときのどっしりしてます。

では、シュリケン合体!


sh16.jpg

sh17.jpg

sh18.jpg

覇王シュリケンジン!


シュリケンジンとバイソンキングを合体させることで覇王シュリケンジンに。

1つのロボにロボ2機分まるまる合体してるのですごい重量感です。

sh19.jpg
シュリケンジンがそのまますっぽりと座る形で合体しています。

sh20.jpg

頭部には座りポーズのアカニンジャー超絶が置けますが、非常に外れやすいです。
安全上のためと説明書にも書いてありますが、取り付けるというよりほぼ置いてるようなものなので紛失注意です。

sh21.jpg
以上、ミニプラ ライオンハオーでした。
昨年のハイパーレッシャテイオーにも負けないビッグサイズで、揃えたときの達成感というか重量感に驚くこと間違いなしです。
覇王シュリケンジンの重量感といい表面のディテールといい、食玩とは思えないボリュームでした。
可動範囲は狭いもののライオンハオー単体でも充分大きくて楽しめますね。
合体時のこのごちゃまぜ感好きです。

注意点は付属のアカニンジャー超絶が小さいので紛失注意です。
安定性も良くなく、固定できない覇王シュリケンジン時だといつのまにかアカニンジャーが落下していることがあるので
ご注意ください。

そしてこのミニプラは1パーツ540円なので、全種揃えると2700円近くかかるという食玩にしては高額な部類です。
普段ならミニプラをオススメしたいところですが、食玩の中でも高額なのでターゲットの子供が集めるにはキツイかもしれません(肝心のターゲットの子供は財力がないので親に買ってもらう以外入手法が無いでしょうし・・・)。

それでもDXよりは低価格で揃えられて劇中の変形合体がお手軽にビッグサイズで楽しめる点はさすがミニプラでした。

それではまた〜。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック