ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ULTRA-ACT :ウルトラマンメビウス バーニングブレイブ

2015.08.30 (Sun)

umb2.jpg

umb3.jpg

umb4.jpg


みなさんこんばんわ。
本日はULTRA-ACT ウルトラマンメビウス バーニングブレイブです。

仲間たちとの絆をエネルギーとし、その象徴のファイヤーシンボルを体に描いたウルトラマンメビウスのパワーアップ形態。

メビュームバースト用のエフェクト、新規造形で前腕のロール可動が追加され、リニューアル版より可動範囲が広くなっております。

では、続きからどうぞ〜
umb5.jpg
正面。

通常形態よりさらに赤みが増した色調。

ファイヤーシンボルは塗装だけでなく立体的になっています。
umb6.jpg
後ろ。

umb8.jpg
背中には一部パーツを付属の専用ジョイントに差し替える魂ステージに接続することでディスプレイが可能。
これは通常形態のと同じですね。

umb7.jpg

カラータイマーは赤い状態のものが付属。

通常形態の時と違い、胸板ごと差し替えるのではなくカラータイマーそのものが外れるようになってます。

タイマー上部の模様と一体化しているので外す時はうっかり塗装を削ったりしないよう注意。

umb10.jpg
メビウスブレス。
クリアパーツが使われています。

クリアー部分は通常のメビウスブレスよりクリアレッドが明るくなりました。
umb11.jpg

そして、前腕が回転するようになったのでブレスに手を当てるポーズがとりやすくなりました。

umb12.jpg
メビュームブレード。
バーニングにも付属。
通常版に比べておとなしめのエフェクトになってますね。

umb13.jpg
通常版(リメイク)のメビウスを持っていれば、そちらのメビュームブレードエフェクトも装備可能。
こちらの方が雰囲気的にぴったりですね。
umb14.jpg

メビュームバーストエフェクト。
新規で追加されたバーニングブレイブの必殺技用エフェクト。
技が技なのでエフェクトもちょっと大きめに作られています。

クリア成形で炎らしくなって綺麗です。

パーツは分割して光弾状態にもでき、付属の魂ステージで発射時まで再現できます。
umb9.jpg
通常形態と比較。

サイズは基本的に同じですが、前腕のロールが追加された分バーニングブレイブの方が可動範囲が広くなっています。
バーニングブレイブの方が赤が濃く塗装されていますね。
では、ちょいとアクション。

umb15.jpg


オプションハンドは通常版と同じなので過不足もありません。

umb16.jpg

umb17.jpg



umb18.jpg

umb19.jpg


umb20.jpg


umb21.jpg

umb22.jpg

前腕が回るだけでかなり動かしやすいなぁ。

umb23.jpg

以上、ULTRA-ACT ウルトラマンメビウス バーニングブレイブでした。

ファイヤーシンボルの再現度も高く、満足な出来。
前腕が通常版より可動するようになっているので可動範囲が大幅に広がり、光線やブレード展開時のポーズが通常版より楽に取れます(なぜヒカリにも採用しなかった・・・!)。
通常形態も元々可動範囲が広いのでポーズが取れない訳ではありませんが、あるのとないのとでは差が違いますね。

エフェクトもメビュームバーストは分離できるので至れり尽くせりな仕様ではないかと思います。
メビュームシュートなら通常版から流用できますしね。


この出来の良さならフェニックスブレイブやメビウスブレイブも是非出して欲しいですね。
あ、インフィニティも出来れば・・・・。

プレバンは9月にハンターナイトツルギが控えてますが、一般枠はHEROS版ULTRAMANのACTが中心に展開されそうですね。
それではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック