ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

ミニプラ シュリケン合体シリーズ SP オトモ忍ダイノマル アッパレクリアバージョン

2015.09.18 (Fri)

みなさんこんばんわ。

本日はミニプラ シュリケン合体シリーズより、ダイノマルです。

このダイノマルは劇場版「手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!」にて登場するオトモ忍です。

ミニプラは発売時期的にライオンハオーの後のリリースとなりましたね。

ギミックはこれまでのオトモ忍のように人型への変形、そしてシュリケンジンとの合体ギミックを備えております。


では、つづきからどうぞ〜。
msd2.jpg
msd3.jpg
msd4.jpg
まず全体から。

恐竜殿様なだけあって恐竜そのままですね。

頭部の角は劇中で破壊された後の正常に戻った状態です。

全身がクリアパーツとメタリックシールで非常に美しいです。
msd7.jpg
人型モード。
これまでどおり人型モードにも変形します。
パオンマルと同じタイプの変形ですね。

msd5.jpg
msd6.jpg
忍シュリケン。

こちらもクリアパーツで綺麗。

では、シュリケンダイノ合体!

msd8.jpg


別売りのミニプラ シュリケンジンと合体させることでシュリケンジンダイノに。

シュリケンジンはクリアバージョンではありませんが、そのまま合体できました。



msd9.jpg

恐竜チックなフェイスもシールで再現。
クリアパーツなのでこのままでもキラキラしています。


msd10.jpg

ダイノマルハンマー。
ダイノマルの前足がハンマーに。

パオンマルのと同じ要領で装備可能です。
msd12.jpg
ハンマー二刀流も可能です。

msd11.jpg

ダイノマルドリル。

ダイノマルの尻尾がドリル状の武器に。


長さはドラゴンソードと同じくらいですね。


msd13.jpg
右腕がシノビマルなので思ったよりポーズ付けられませんが・・・。

msd14.jpg

以上、ミニプラ ダイノマルでした。
ライオンハオーから後になったとはいえ、全身クリアパーツは嬉しい。

クリアパーツの透明感とシールのキラキラ感がいい感じに好きです。
普通のオレンジの成形色で出したらチープに見えてしまうのでこれで出したのは正解だったかもしれませんね。
劇場版登場ロボ特有のスペシャルな雰囲気が更に出てます。
普通に組み立てても跡が残りにくいので見映えも十分。これならアッパレクリアバージョンのシュリケンジンも揃えたいなぁ。

それではまた〜。




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック