ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

「チェイス・・・お前が味方だったら、どんなに嬉しかったか。」S.H.Figuarts :仮面ライダードライブ タイプフォーミュラ

2015.11.20 (Fri)
tfm1

みなさんこんばんわ。

本日はプレバンより、SHF 仮面ライダードライブ タイプフォーミュラです。

仮面ライダードライブの強化形態、シフトフォーミュラを使った姿。
劇中では21、22話の魔進チェイサーとの戦いにて使用、勝利していますね。

SHFはトレーラー砲とシフトフォーミュラが付属し、トレーラー砲はシフトカー装填まで再現されていました。

では、続きからどうぞ〜。
tfm2
tfm3
まず、今回のSHFタイプフォーミュラは複雑なロゴが多いので付属のシールを貼る必要があります。

開封時はシールが貼られていないので劇中のスーツのようなロゴはありません。


tfm11
シールはSHFを頭上から見た状態となるような配置になっています。
取説がフルカラーなのでそれに従って貼りましょう。

全て貼ると少しだけ余ります。
トレーラー砲の必殺技時のFULLの表示もシールです。

tfm4
tfm5
tfm6

tfm7
tfm9
tfm10
貼った状態がこちら。

シールはピンセットを使って貼りました。というか指で貼ると粘着力が弱まるのでオススメできません。


体の各部位はF1カーとF1レーサーがそのまま合体したようなデザインも再現されています。
全体がほぼ新規パーツ、足や腕の造形なども劇中どおりになっています。
顔のバイザーもよく見るとクリアパーツです。

ロゴはよく見ると各シフトカーの名前が記載されているのがわかりますね。
tfm8
ベルトはシフトカーはフレア、スパイク、シャドーがそのまま付属。

バックル部はフォーミュラのマークがプリントされています。
ここはこれまでのドライブとさほど変化はありません。なのでSHFトライドロンに付属するベルトさんの表情も取り付けられます。

tfm12
tfm13

腕のタイヤは着脱可能。
タイヤにはタイプフォーミュラの文字がプリントされています。


シフトブレスにはシフトフォーミュラがセット。
シフトフォーミュラは通常時の状態も付属しています。


tfm14
tfm15
胸部のアーマーを差し替えることでエンジン部を露出させることが可能です。

確かこのエンジンはピットクルーが登場した時に出してましたっけ。

tfm16
ちなみに肩アーマーは上下に少し可動。
通常時だとF1ボディに若干ひっかかります。デザイン上仕方ないですね。


tfm17
tfm18
tfm19

トレーラー砲。ドライブの武装の中でも抜群の破壊力を持ったシフトカー兼メイン武装。

他のシフトカーより大きめなので細部までちゃんと塗装されています。

tfm20
上部を外してシフトフォーミュラをセット可能です。

もちろん内部にもシフトカーを装填可能。
劇中やDX玩具と違い、銃口を外してシフトカーをセットします。

tfm21

専用持ち手も付属するのでしっかり保持できます。

オプションハンドは残りは平手のみです。


では、ちょいとアクション。

tfm22
肩アーマーが上がるおかげでシフトフォーミュラでの高速移動のポーズもできます。

当初このポーズ見た時はア○レちゃんかと思いましたが、よく見るとタイヤのおかげでF1カーを彷彿とさせますね。


tfm23

下半身はほぼドライブなので4号戦で見せたライダーキックのポーズも可能。

tfm24

フォーミュラ砲♪

tfm25
ヒッサーツ!

tfm26

フルスロットル!

tfm27

tfm28

tfm29

フルフルフォーミュラ大砲!





tfm30


以上、SHF 仮面ライダードライブ タイプフォーミュラでした。

シール貼りが非常に面倒ですが、ガンプラのMGなどでマーキングシールやデカールを貼る人にとってはそこまで難しくない難易度です。
それでもピンセット必須の細かさなので失敗しないよう丁寧に貼りましょう。
SHF本体は可動範囲はタイプテクニックより広く、腕回りもトレーラー砲を構えるには申し分ない広さでした。
エンジン部の露出を再現したのはよかった。

トレーラー砲のシフトカー装填ギミックはフレア、スパイク、シャドー以外にも、他のシフトカーも装填することが可能です。
しかし変形時の状態しか付属しないシフトカーもあるので、出ているSHFドライブのシフトカー全部は無理みたいですね。
タイプスピードが無いのが惜しまれる・・・。

全体の出来は良いのですが、このSHFはシール貼りで難儀する人が出てくるかもしれません。
シールの材質がSHFブレイドのラウザー部分に使われているものとほぼ同じっぽいのですが、貼る面積が広いので空気が入らないように丁寧にしっかり貼りましょう。

フロントボディの段差のある部分はそのまま貼ると大変だったので私はシールの余白をカットして少しずつ貼りました。

このシールは予備でもう1枚付属してくれてもよかったんじゃないかな・・・。

トレーラー砲もFULLの表示がシールによる選択式だったのも不満点。恐らくコスト的に不可能だったのかもしれませんが。タイプトライドロンにもトレーラー砲が付属することを祈って今回は貼りませんでした。

腕のタイヤが外れるので今後ピットクルーもSHFでの発売を期待できそうですね。

それではまた〜。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック