ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

M.S.G(モデリングサポートグッズシリーズ) へヴィウェポンユニット セントリーガン

2015.11.22 (Sun)

みなさんこんばんわ。

本日はM.S.G.ヘヴィウェポンユニットから、セントリーガンです。

久々のヘヴィウェポン新作。
セントリーガン形態から分離してランチャー、小型ガトリング、として幅広く装備できる武装です。

では、続きからどうぞ〜。
ctg2.jpg
パーツ構成。

小型ガトリングガン×2
ビームランチャー
トライポッドユニット

この3つから構成されています。

ctg3.jpg

小型ガトリングは3mm軸なのでサイズの合う接続穴があればガンプラでも装備可能。

ctg4.jpg

ビームランチャーは外して手に装備することができます。
しかしグリップが太めなのでガンプラに持たせるにはやや不向き。

ctg5.jpg

トライポッドユニットは脚が可動して高さや位置の調整が可能。
タイヤ部分は回りますがプラでちょっときつめなので滑らかには回転しません。

ctg7.jpg

普通に組み立てるとこのタイヤ部分は1つ余るので外してローラー装備とかできそうですね。


ctg6.jpg
このトライポッドに先ほどのビームランチャーとガトリングを合体させることでセントリーガン形態に。

ガンプラのHGの腰よりちょっと低めの高さですね。

ctg8.jpg

グリップ部分が可動するので持ち方にもバリエーションが出せます。


ctg9.jpg

ジョイントパーツで他のMSGシリーズの武装やフレームアームズ等に合体させることができます。
こういうパーツはありがたいですね。

ctg10.jpg

ちなみにバレル部分は取り外してショートバレル形態にすることも可能。

ctg11.jpg

フレームアームズガールシリーズに持たせたいところですが持ってないのでAGP武蔵改に装備させてみる。

重くて構えられませんが、フィギュアにも使えそうですね。

ctg12.jpg

以上、セントリーガンでした。

固定砲台として遊べるし、大型武器としても遊べる相変わらずの遊び要素満載武器。
ランチャーが重くて手に持たせるには一苦労ですが、トライポッドユニットのおかげで安定した構え方ができます。

このセントリーガンは別売りの外部ジェネレーターを組み込めば電動ギミックで回転ギミックを楽しめます。
なので余裕があれば外部ジェネレーターと一緒に買うと面白みが増えると思います。

それではまた〜。



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック