FC2ブログ

ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

HG ガンダムグシオン

2015.12.16 (Wed)


みなさんこんばんは。
本日はHG ガンダムグシオンです。
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」にて登場する海賊「ブルワーズ」のMS部隊隊長、クダル・カデルが使用するガンダム。
劇中ではパワーとスピードの両方を活かしたパワーファイターぶりを見せてくれました。

HGでは2体目のガンダムがリリースです。
今回は素組+スミ入れ+部分塗装+シールです。
では、つづきからどうぞ〜。

ggs2.jpg
正面。
緑を基調とした重量感あるデザイン。
これまでのガンダムシリーズでも特に珍しいデザインですね。
なんかカエルっぽい。
ggs3.jpg

後ろ。

ggs4.jpg
頭部をよく見るとカメラアイの目つき等、ちゃんとガンダム顔になってます。

各部スラスターや頭部のバルカン(劇中では頭部から撤退の合図の照明弾を発射してたとこ)などが色分けされています。

ggs7.jpg
サブマシンガン。

シンプルなデザインで、特に組み替え機構などはありません。

手首を分解することなくそのまま持たせられます。

ggs8.jpg
腰部にマウント可能。

ggs5.jpg
グシオンハンマー。

劇中でも思いっきりブンブン振り回してたハンマーですね。

取説では重量が15tもあるそうです。

片手でもぶん回してましたが相当重たい武器なのね。

こちらは柄の下部が分解できるのでそのまま持ち手に持たせられます。

マシンガンに比べて重めですが片手でも保持できるので今のところヘタリなどは見られません。
だいぶしっかり持ててます。

ggs6.jpg
ハンマーは差し替えパーツで背部にマウント可能。

オプションは以上です。

では、ちょいとアクション。

ggs9.jpg

ggs10.jpg

オプションハンドは左手のみ平手が新規で付属。
おかげでマシンガンなどを両手で構えることも可能。

ggs11.jpg

ggs12.jpg
ggs13.jpg
ggs14.jpg

肩の可動範囲が思ったより広く、ハンマーの両手持ちも可能。

HGも見た目より動きますね。

ggs15.jpg

以上、HG ガンダムグシオンでした。

劇中ではバルバトスの太刀すらも受け付けない重装甲かつ高機動な暴れっぷりを見せてくれたグシオン。
初見これもガンダムと聞いて実際に見るまでガンダムだと信じられませんでしたw
パイロットのクダルもガチムチ時々オネエな口調で濃いキャラでしたね。


HGはもう本当にそのまま組み立てるだけで色分けがされており、シールだけでもビックリするくらい良くできています。

そのまま組んでスミ入れをするだけでも充分なほどです。
パーツもマウント用のパーツと平手を除けばほぼ余剰パーツもありません。

バルバトスよりも組み立てやすかったですね。この辺はデザインのおかげかもしれませんが。

注意点を一つ上げるなら、股関節部分がPCパーツを使わないプラ関節なので動かしすぎて割らないよう気をつけましょう。

そこだけ気をつければオススメのHGです。
それではまた〜。





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック