ブンドドエクストリームの玩具日記

フィギュアーツやfigmaといったアクションフィギュア、ガンプラなどを中心にレビューして行きます。故に取り扱うものに偏りがあります。

figma ex:ride SP ride.06 TT零13

2016.01.06 (Wed)

みなさんこんばんわ。

本日はfigma ex:ride シリーズから、TT零13です。
探していてようやく手に入りました。

このバイクは見るからに痛車もとい痛バイクですが、TT零13はイギリス王室自治領マン島にて開催されるマン島TTレースの電動バイククラス「TT zero」に合わせて開発されたEVレーサー。
つまり電動バイクですね。このTT零13はその2013年のレースにて登場したものです。


そのTT零13が ex:rideにて登場。1/12スケールというfigmaにぴったりなバイクです。
もちろん先に紹介したfigma レーシングミク 2013 EV に対応した造りとなっており、バイクに乗せることが出来ます。

それでは、続きからどうぞ〜。

ttz2.jpg
ttz3.jpg
まず全体から。

バイクとしては小柄。
SHF用のバイクより小さいボディです。

そしてレース用だからかスタンドがバイク本体にありません。

ttz4.jpg
ハンドルは可動し前輪も左右に可動。

ハンドル部分が可動するおかげでfigma本体を乗せやすいです。

このハンドル、ギアもクラッチもありません。
自分は電動バイクを全く見たことないのですが電動バイクってそういうものなのでしょうか?


ttz5.jpg


バイクのボディにはレーシングミク2013のイラストがプリントされています。

このサイズでもはっきり顔がわかるくらい綺麗にプリントされてますね。

ttz6.jpg
後輪のサスペンションは非可動です。
付属のスタンドを使えば単体でもディスプレイが可能。
スタンドの色は黒く、これがちょっと本体より目立ちますね。

バイク後部をよく見ると、普通のガソリンバイクと違ってマフラーがありません。
少し分かりにくいですが、エンジン部にはエンジンではなくバッテリーとモーターらしきものがありますね。
ボディ下部のやたら大きい部分がそうなのでしょうか。
ttz7.jpg
デカール。
購入時はデカールが貼られていないため、付属のデカールシールを貼る必要があります。
参考写真は説明書に付属しておりますが、水転写式デカールなので貼る際は慎重に行いましょう。

バイク本体は一部のパーツごとに分離できるので、分離してから作業に入ると良いと思います。


デカールは開発元のEV MIRAI、そしてBRIDGESTONEやワークバンクなどのスポンサー企業のロゴが中心です。

今回は貼っておりませんが、貼る際はデカールを割らないよう注意しましょう。

では、figmaを乗せてみましょうか。

ttz8.jpg
まずfigmaを乗せる際にはステップ部分を差し替え用に交換します。

ttz9.jpg

そしてミクさん本体を乗せます。

若干腰が浮き気味ですが、ステップに足がちゃんと乗っておりますね。

ttz10.jpg

ディスプレイスタンドにはfigma台座のアームがそのまま接続可能。
なので走行シーンのディスプレイが可能です。

では、ちょっとアクション。

ttz11.jpg
figmaを乗せた状態なら足で支えることも可能。

レーシングミク2013に合わせて作られているので雰囲気もぴったりですね。

ttz12.jpg

ヘルメットに差し替えて走行。

ttz13.jpg

バイクの下部にも接続穴があるのでそこに差し込めばこんな感じにアクロバティック走行できちゃいますね。

フィギュアだからこそ楽しめる。

ttz14.jpg

ttz15.jpg

ttz16.jpg
もちろんメットを外して通常時の頭部でも問題なく乗せられます。

こっちの方が表情と合わせて楽しめますね。

tt17.jpg

最後はレースクイーン衣装と一緒に。

以上、 ex:ride TT零13 でした。

デカール貼りが少し面倒ですが、figma レーシングミク 2013EVがこれに合わせて作られているのでハンドルがしっかり握れます。

figmaはレーシングミク以外にも乗れなくはないのですが、やっぱり様にならなかったので撮りませんでした。

本体にfigma用のスタンドが使えるのはいいですね。スタンドが目立ちますが走行シーンが楽しめます。
本体の出来もサスペンションが非可動な点を除けばバイクモデルとして充分満足な出来。
とてもカッコいいデザインです。

しかしお値段が従来の ex:rideシリーズのバイクよりやや高めなので、レーシングミクさん以外を乗せたいとなると他の ex:rideシリーズのバイクを買った方が良いかと思います。

figma レーシングミク2013EVは元々可動範囲が広いfigmaなのでこのバイクにも問題なく乗れます。しかし他のfigmaも乗せたいとなると、ハンドルは握れても可動範囲の差でステップに足を乗せられないキャラが多いのでそれならこれよりも他の ex:rideのバイクを買った方が良いかなと。

このバイクは元々レーシングミク用の ex:rideなので実質ミクさんしか乗れません。

これを踏まえた上でfigma レーシングミク2013 EV MIRAI ver.をお持ちの方には是非オススメです。
やっぱりこっちに乗せてあげるとぴったりです。

それではまた〜。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック